• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!

<座談会御書> (2017年4月)【立正安国論】

立正安国論 『汝早く信仰の寸心を改めて 速に実乗の一善に帰せよ 然れば則ち三界は皆仏国なり 仏国其れ衰んや十方は悉く宝土なり宝土何ぞ壊れんや 国に衰微無く土に破壊無んば  身は是れ安全  心は是れ禅定 …

続きを読む


<今月のメッセージ> (2017年4月)

創価の女性は たゆまぬ太陽なり   生きとし生けるものに春の喜びが訪れるのも、たゆまぬ太陽の燃焼があるからである。 御書には、『太陽が東の空に昇れば、天の空は、すべて明るくなる。『大光』を備 …

続きを読む


<今月のメッセージ> (2017年3月)

正しいがゆえの障魔は 一切覚悟の上だ! <必ず勝てる!>   仏法は、最もけなげな庶民の味方である。   日蓮大聖人の御在世、長く看病を尽くした最愛の夫に先立たれ、まだ幼い娘を抱えながら 熱 …

続きを読む


<座談会御書> (2017年3月) 【経王殿御返事 】

経王殿御返事   本抄について 本抄は、文永10年(1273年)8月15日、日蓮大聖人が52歳の時、流罪地の佐渡 ・一谷から送られたお手紙です。宛名は経王御前となっていますが、経王御前はまだ …

続きを読む


<今月のメッセージ> (2017年2月)

ブロックは幸福拡大の起点なり    大地なくして、万物の成長はない。   我ら創価の連帯には、「地区」そして「ブロック」という、地涌の人華を咲かせ広げゆく 大地がある。その豊かな土壌が、「一 …

続きを読む


<御書学習会> (2017年2月) 【佐渡御書】

「佐渡御書」 一切の障魔を打ち破る弟子に! 2月度の「御書講義」では「佐渡御書」を学びます。拝読範囲は「畜生の心は弱きをおど し強きをおそる~千経・万論を習学すれども時機に相違すれば叶う可らず」(御書 …

続きを読む


<座談会御書> (2017年2月) 【妙一尼御前御消息 】

妙一尼御前御消息 “苦難の冬”を“勝利の春”に 凡夫が必ず仏に成る仏法   本抄について 本抄は、建治元年(1275年)5月、日蓮大聖人が54歳の時に身延で著され、鎌倉に 住む妙一尼に与えら …

続きを読む


<今月のメッセージ> (2017年1月)

青年とは発心の異名なり <今再び、信心の初心に戻れ!> 勝利の要諦で勝ちまくれ!   青年の青年たる証しとは、いったい何だろうか。   もとより年齢では決まらない。信心の眼から見れば、今この …

続きを読む