• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!

<小説『新・人間革命』> 誓願96~100

誓願 九十六  ブラジル文学アカデミーが、“文化・文学の偉大なる保護者”と認める在外会員には、 ロシアの文豪レフ・トルストイ、フランスの人道主義作家エミール・ゾラ、イギリスの 社会学者のハーバート・ス …

続きを読む


<小説『新・人間革命』> 誓願91~95

誓願 九十一  ガビリア大統領は、山本伸一の訪問を心から歓迎し、コロンビアの「サン・カルロス大 十字勲章」を贈った。 さらに、この日、伸一は、「日本美術の名宝展」の開幕式に出席し、ここでも文化庁長官 …

続きを読む


<小説『新・人間革命』> 誓願86~90

誓願 八十六  山本伸一は、沖縄研修道場に集ったアジアの同志に、沖縄の同志に、そして、衛星中継 で結ばれた日本の全同志に呼びかけた。 「わが創価家族は、『誠実』と『平等』と『信頼』のスクラムで、どこま …

続きを読む


<小説『新・人間革命』> 誓願81~85

誓願 八十一  インドから香港を訪問した山本伸一は、デビッド・ウィルソン総督と会談するなどして、 二月二十二日には帰国の途に就き、沖縄へ向かった。 このアジア訪問は、学会が「魂の独立」を果たして、最初 …

続きを読む


<小説『新・人間革命』> 誓願76~80

誓願 七十六 「宗教」があって「人間」があるのではない。「人間」があって「宗教」があるのである。 「人間」が幸福になるための「宗教」である。この道理をあべこべにとらえ、錯覚してしま うならば、すべてが …

続きを読む


<小説『新・人間革命』> 誓願71~75

誓願 七十一  宗門から「解散勧告書」なる文書が送付されてきてから三週間後の十一月二十九日、また しても学会本部に文書が届いた。「創価学会破門通告書」と書かれていた。 宗門は、解散するよう勧告書を送っ …

続きを読む


<小説『新・人間革命』> 誓願66~70

誓願 六十六  山本伸一は、毎月の本部幹部会などの会合に出席するたびに、民衆の幸福を願われた日蓮 大聖人の御精神や真実の仏法者の在り方などについて語っていった。 ある時は、喜劇王チャップリンの言葉を紹 …

続きを読む


<小説『新・人間革命』> 誓願61~65

誓願 六十一  アメリカでSGIメンバーと交流してきた作家の牛島秀彦・東海女子大学教授(当時) は、文化の本質に立ち返り、訴えている。 「文化と宗教は不即不離の関係にあり、両者は同義ではない。文化・芸 …

続きを読む


<小説『新・人間革命』> 誓願56~60

誓願 五十六  学会員は、新聞の報道などで、宗門の宗規改正によって、山本伸一や学会の首脳幹部らが、 法華講総講頭・大講頭の資格を失ったことを知った。 同志たちは、予期せぬ事態に驚くとともに、宗門への強 …

続きを読む


<小説『新・人間革命』> 誓願51~55

誓願 五十一  一九九〇年(平成二年)夏、総本山では、学会の青年たちが、九月二日に行われる大石 寺開創七百年慶祝記念文化祭の準備に、連日、汗を流していた。この文化祭は、開創七百 年の記念行事の幕開けと …

続きを読む