• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!

<小説『新・人間革命』>勝ち鬨86~89

勝ち鬨 八十六  青年が広宣流布の舞台に、澎湃と躍り出るならば、いかに時代が変わろうが、創価の大河 は水かさを増しながら、悠久の未来へと流れていくにちがいない。 山本伸一は、“青年たちよ! 学会を頼む …

続きを読む


<小説『新・人間革命』>勝ち鬨81~85

勝ち鬨 八十一  小松田城亮の一家は、仮住まいの作業小屋に御本尊を安置し、唱題に励んだ。弘教に、 後輩の激励にと、自転車であぜ道を走った。 やがて、家も新築することができた。 一族の学会員からは、高校 …

続きを読む


<小説『新・人間革命』>勝ち鬨76~80

勝ち鬨 七十六  山本伸一は、さらに関矢都美子に、力を込めて語った。 「さあ、新しい出発ですよ。二十一世紀を、二〇〇一年の五月三日をめざして、一緒に 前進しましょう」 「はい。その時、私は八十一歳にな …

続きを読む


<小説『新・人間革命』>勝ち鬨71~75

勝ち鬨 七十一  入会した佐藤幸治は、真剣に学会活動に取り組んだ。生来、生真面目な性格であった。 当時、秋田は、蒲田支部の矢口地区に所属しており、山本伸一の妻の両親である、春木洋 次と明子が、地区部長 …

続きを読む


<小説『新・人間革命』>勝ち鬨66~70

勝ち鬨 六十六  ゴムの長靴にズボンの裾を押し込んだ中綿コートの壮年や、ブーツに毛糸の帽子を被った 婦人、日曜日ということもあり、親と一緒に来た、頰を赤くしている子どももいた。 山本伸一は、雪に足を取 …

続きを読む


<小説『新・人間革命』>勝ち鬨61~65

勝ち鬨 六十一    闇を破り、赫々と青年の太陽は昇る。 清らかな瞳、さわやかな笑み、満々たる闘志、みなぎる力――青年は希望だ。若人が躍り 出れば、時代の夜明けが訪れる。 一九八二年(昭和五十七年)― …

続きを読む


<小説『新・人間革命』>勝ち鬨56~60

勝ち鬨 五十六    自由勤行会は、希望みなぎる新しき旅立ちの集いとなった。地元・熊本の県長をはじめ、 県幹部らのあいさつに続いて、地域広布への誓いを込めた、「天草宣言」「城南宣言」が、 そ …

続きを読む


<小説『新・人間革命』>勝ち鬨51~55

勝ち鬨 五十一    十二月十三日昼、山本伸一は、学会員が営む喫茶店で、五十人ほどの各部の代表と懇談会 をもち、さらに南九州婦人会館を視察して熊本文化会館に戻ると、会館を訪れる人と相次ぎ 記 …

続きを読む


<小説『新・人間革命』>勝ち鬨46~50

勝ち鬨 四十六  「荒城の月」の指揮を執る山岡武夫は、竹田の地に幾度となく足を運び、非道な僧に 敢然と抗議し、友の激励に走り抜いてきた。彼は、苦節の来し方と、山本伸一の渾身の 励ましが思い起こされ、熱 …

続きを読む


<小説『新・人間革命』>勝ち鬨41~45

勝ち鬨 四十一  山本伸一は、翌十一日も朝から大分平和会館を訪ねてくる同志に声をかけ、一緒に記念 のカメラに納まり、激励に余念がなかった。 また、九日に再会した大分百七十人会や、前日に結成された大分男 …

続きを読む