• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!

【勤行について】

勤行とは? 創価学会の活動において、「勤行」は、日々の生活のリズムの根幹であり、生命変革の具体的な実践です。 朝晩、御本尊に向かい、法華経の二十八の品(=章)のうち、「方便品」と「寿量品の自我偈」を読 …

続きを読む


<世界広布と創価学会>

仏教の人間主義の系譜   創価学会は、釈尊に始まり、インドの竜樹・天親(世親)らの菩薩とたたえられた論師、中国の天台大師(智顗) ・妙楽大師(湛然)、日本の伝教大師(最澄)、日蓮大聖人へと発 …

続きを読む


<生命論> 十界

十界   「十界」とは、生命の状態、境涯を10種に分類したもので、仏法の生命観の基本となるものです。十界の法理 を学ぶことによって、境涯を的確にとらえ、各人がそれぞれの境涯を変革していく指針 …

続きを読む


<信仰と実践> 5.信心即生活

5.信心即生活   日蓮大聖人の仏法は、現実の人生の中で「崩れざる幸福境涯」を築いていくための信仰です。そのためには日々の 生活の中で信心の実践を積み重ねていくことが重要な意味をもってきます …

続きを読む


<信仰と実践> 4.宿命転換

4.宿命転換 人生には、さまざまな苦難があります。日蓮大聖人の仏法は、生命を根源から変革して、自身の運命を切り開き、 現在と未来にわたって、幸福境涯を確立する宿命転換の仏法です。ここでは、宿命転換の原 …

続きを読む


<信仰と実践> 3.難を乗り越える信心

3.難を乗り越える信心   人生には、必ず苦難が伴います。また、広宣流布の戦いには、必ず困難があります。ここでは、私たちが仏法を 実践していく過程に必ず生ずるさまざまな「難」について学び、「 …

続きを読む


<信仰と実践> 2.信行学

2.信行学   ここでは、私たちが日蓮大聖人の仏法を実践していくうえでの三つの基本──信・行・学について学びます。 自身の生命の変革を目指す、日蓮大聖人の仏法における修行の基本は、「信・行・ …

続きを読む


<信仰と実践> 1.三証

1.三証 ここでは、人々を絶対的な幸福に導く正法を判定する「基準」として、「三証」を取り上げ、日蓮大聖人の仏法 こそが、末法の一切衆生の一生成仏を可能にする宗教であることを学びます。   三 …

続きを読む


<日蓮大聖人の仏法> 3.一生成仏と広宣流布

(1)一生成仏 信心の根本的な目的は、私たち自身が仏の境涯を得ることです。御本尊を信受して純真に自行化他の実践に励むな ら、どのような人でも必ず一生のうちに成仏の境涯を得ることができるのです。これを「 …

続きを読む


<日蓮大聖人の仏法> 2.南無妙法蓮華経

南無妙法蓮華経は、日蓮大聖人が覚知された、万人の苦悩を根本から解決する法です。 ここでは、南無妙法蓮華 経の重要な側面をいくつか確認します。   宇宙と生命を貫く根源の法 南無妙法蓮華経は、 …

続きを読む