• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!

<御書に学ぶ> 新たな勝利へ 我らの実践 (2017年10月27日)

人を敬う行動   『法華経の修行の肝心は不軽品にて候なり、不軽菩薩の人を敬いしは・いかなる事ぞ  教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ』 (崇峻天皇御書、1174ページ)   …

続きを読む


〈御書と歩む――池田先生が贈る指針〉89 (2017年10月21日)

〈御書と歩む――池田先生が贈る指針〉89  「一念の億劫の辛労」を! 2017年10月21日   『一念に億劫の辛労を尽せば本来無作の三身念念に起るなり    所謂南無妙法蓮華経は精進行なり …

続きを読む


<御書に学ぶ> (3)仏法と社会 我らの実践 (2017年10月20日)

”人間主義の哲学”で平和を   『汝早く信仰の寸心を改めて速やかに実乗の一善に帰せよ。然れば則ち三界は皆仏国なり 仏国其れ衰んや十方は悉く宝土なり宝土何ぞ壊れんや』 (立正安国論、32ページ …

続きを読む


<御書と歩む――池田先生が贈る指針>88 (2017年10月19日)

〈御書と歩む――池田先生が贈る指針〉88 2017年10月19日   嵐に不動の鍛えの信心で   『きたはぬ・かねは・さかんなる火に入るればとくとけ候、冰をゆに入るがごとし、 剣なんどは大火 …

続きを読む


<御書に学ぶ> (2)仏法と社会 我らの実践 (2017年10月13日)

広布は魔軍との攻防戦   『第六天の魔王・十軍のいくさを・をこして・法華経の行者と生死海の海中にして 同居穢土を・とられじ・うばはんと・あらそう、日蓮其の身にあひあたりて大兵を・ をこして二 …

続きを読む


<御書と歩む――池田先生が贈る指針>87 (2017年10月12日)

〈御書と歩む――池田先生が贈る指針〉87 2017年10月12日 題目には無量無辺の功徳力   『今法華経は四十余年の諸経を一経に収めて十方世界の三身円満の諸仏をあつめて釈迦 一仏の分身の諸 …

続きを読む


<御書に学ぶ> (1)仏法と社会 我らの実践 (2017年10月6日)

御書には、人生と社会の荒波に、雄々しく立ち向かうための哲理がある。戸田先生は「疲 れた時にこそ、御書を拝していけ!」と。池田先生も「(御書は)万人が生き抜く勝利の 経典」「日蓮大聖人の大師子吼」とーー …

続きを読む


<御書と歩む――池田先生が贈る指針>86 (2017年10月5日)

〈御書と歩む――池田先生が贈る指針〉86 いかなる障魔も吹き飛ばせ 2017年10月5日 『種種の大難・出来すとも智者に我義やぶられずば用いじとなり、 其の外の大難・風の前の塵なるべし』 (開目抄、2 …

続きを読む


<御書と歩む――池田先生が贈る指針>85 (2017年10月4日)

<御書と歩む――池田先生が贈る指針>85  臨終只今の悔いなき日々を 2017年10月4日   『相構え相構えて強盛の大信力を致して南無妙法蓮華経・臨終正念と祈念し 給え、生死一大事の血脈此 …

続きを読む


<御書と歩む――池田先生が贈る指針>84 (2017年9月30日)

〈御書と歩む――池田先生が贈る指針〉84 2017年9月30日   『仏法渡って今に七百余年前代未聞の大法此の国に流布して月氏・漢土・ 一閻浮提の内の一切衆生仏に成るべき事こそ有り難けれ有り …

続きを読む