• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!

<座談会御書> (2016年4月) 【兄弟抄 】

兄弟抄  障魔と戦い成仏の道を真っすぐに 自他共の幸福を築く根本は信心 拝読御文 『此の法門を申すには必ず魔出来すべし魔競はずは正法と知るべからず、第五の巻に云く「行解既に勤めぬれば 三障四魔紛然とし …

続きを読む


<座談会御書> (2016年3月) 【一生成仏抄 】

一生成仏抄 拝読御文 『衆生と云うも仏と云うも亦此くの如し迷う時は衆生と名け悟る時をば仏と名けたり、譬えば闇鏡も磨きぬれば 玉と見ゆるが如し、只今も一念無明の迷心は磨かざる鏡なり是を磨かば必ず法性真如 …

続きを読む


<座談会御書> (2016年2月) 【三三蔵祈雨事】

三三蔵祈雨事    拝読御文 『夫れ木をうえ候には大風吹き候へどもつよきすけをかひぬれば・たうれず、本より生いて候木なれども根の弱き は・たうれぬ、甲斐無き者なれども・たすくる者強ければたう …

続きを読む


<座談会御書> (2016年1月) 【諸法実相抄】

諸法実相抄   拝読御文 『いかにも今度・信心をいたして法華経の行者にてとをり、日蓮が一門となりとをし給うべし、日蓮と同意ならば 地涌の菩薩たらんか、地涌の菩薩にさだまりなば釈尊久遠の弟子た …

続きを読む


<座談会御書> (2015年12月) 【新池殿御消息】

新池殿御消息   広布のための行動に偉大な福徳 本抄について 本抄は、日蓮大聖人が遠江国の新池(静岡県袋井市新池)の門下である新池殿に送られたお手紙です。弘安2年 (1279年)5月の御執筆 …

続きを読む


<座談会御書> (2015年11月) 【三沢抄】

三沢抄   あらゆる人を照らす太陽の仏法   本抄について 本抄は建治4年(1278年)2月、日蓮大聖人が三沢殿に送られたお手紙です。三沢殿は、駿河国(静岡県中央 部)の富士地方にある三沢に領地を持ち …

続きを読む


<座談会御書> (2015年9月) 【千日尼御前御返事】

千日尼御前御返事   師子王の誇りを胸に広布へ前進 本抄について 本抄は弘安元年(1278年)7月、日蓮大聖人が、佐渡の女性門下である千日尼に与えられたお手紙です。 千日尼と、その夫である阿仏房は、大 …

続きを読む


<座談会御書> (2015年8月) 【四条金吾殿御返事】 

四条金吾殿御返事   人生を勝ち切る「賢人」に   本抄について 本抄は、日蓮大聖人が身延で認められ、苦境に立たされていた四条金吾に送られたお手紙です。 大聖人が佐渡から帰還された文永11年 …

続きを読む


<座談会御書> (2015年7月) 【上野尼御前御返事】

上野尼御前御返事   ○私たちが信心することにより、我が身をはじめ、生活や仕事のうえにもその功徳が厳然と現れていきます。  そして私たちの行動がそのまま、仏のはたらきとなって、仏の力を発揮し …

続きを読む


<座談会御書> (2015年5月) 【富木尼御前御返事】

富木尼御前御返事   一生成仏こそ人生の根本目的   本抄について 本抄は建治2年(1276年)3月、日蓮大聖人が下総国(現在の千葉県北部などの地域)の女性門下・富木尼御 前に与えられたお手紙です。 …

続きを読む