• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!

<池田名誉会長の足跡> 金秋のモスクワ 初訪露43年 池田先生の足跡をたどって> 下 (2017年10月20日)

〈金秋のモスクワ 初訪露43年 池田先生の足跡をたどって〉㊦ 2017年10月20日       モスクワ大学のシンボルである      高さ240メートルの壮麗な本館と、      創立者ロモノーソ …

続きを読む


<池田名誉会長の足跡> 金秋のモスクワ 初訪露43年 池田先生の足跡をたどって>上 (2017年10月12日)

〈金秋のモスクワ 初訪露43年 池田先生の足跡をたどって〉上 2017年10月12日 「使命感」が人間を偉大にする   クレムリンの西側に隣接するアレクサンドロフスキー公園。 花壇に彩られた園内を北に …

続きを読む


【池田名誉会長の足跡】⑥家族の絆

家族の絆   昭和3年(1928年)1月2日。池田大作名誉会長は、東京・ 大森で海苔製造業を営む家の、8人きょうだいの5男として 生まれた。 父・子之吉は、寡黙な人。一本気で頑固だが、お 人 …

続きを読む


【池田名誉会長の足跡】⑤戸田城聖の弟子として

戸田城聖の弟子として   恩師との出会い 昭和22年(1947年)8月14日。池田大作青年は、小学校時 代からの知人に誘われた。 「“生命哲学”の会があるから参加 しないか?」 戦後、価値観 …

続きを読む


【池田名誉会長の足跡】④「文明間対話」の軌跡

「文明間対話」の軌跡   民間外交の始まり 昭和36年(1961年)10月。池田大作名誉会長(当時会長) はベルリンの壁の前に立っていた。その年の8月に突如現れ たこの壁によって、東西をつな …

続きを読む


【池田名誉会長の足跡】③行動する詩人

行動する詩人   文筆家への夢 昭和24年(1949年)1月、戸田第二代会長(当時理事長) が経営していた出版社・日本正学館に入社した池田大作青 年は、少年雑誌(『冒険少年』のち『少年日本』 …

続きを読む


【池田名誉会長の足跡】②教育こそ生涯の事業

教育こそ生涯の事業   恩師の構想実現へ 創価学会に入会後の昭和24年(1949年)、池田大作青年は戸田 第二代会長(当時理事長)が経営する出版社に入社し、 戸田会 長から、毎朝のように個人 …

続きを読む


【池田名誉会長の足跡】①平和への熱き想い

平和への熱き思い   一枚の鏡    昭和20年(1945年)8月15日、終戦。池田大作名誉会長は 当時、17歳の青年であった。戦地に応召されていた兄たちが相 次いで復員してくるなか、敬愛す …

続きを読む