• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

師との誓いを胸に創立90周年へ

2019417

 

 『大地はささばはづるるとも虚空をつなぐ者はありとも・潮のみちひぬ事は

  ありとも日は西より出づるとも・法華経の行者の祈りのかなはぬ事はある

  べからず

(祈禱抄、1351ページ)

 

(通解)

 大地をさして外れることがあっても、大空をつなぐ者があっても、潮の満ち干が

なくなっても、日が西から出ることがあっても、法華経の行者の祈りのかなわない

ことは絶対にない。

 

 法華経の行者の祈りは必ずかなうと仰せです。

私は、関西創価学園5期生として、創立者・池田先生に見守られて高校時代を過

しました。

1985年(昭和60年)に先生が香川を訪問された時には、白蓮グループとし

お迎えしました。青年部や未来部に渾身の励ましを送られる先生の姿に触れ、広

生き抜くことを誓いました。

結婚後、夫が40歳で転職を余儀なくされた時は、夫婦で真剣な唱題を重ねました。

今では職場で責任のある立場で実証を示しています。思春期の子育てに葛藤した時

期も、子どもの成長を祈りながら、圏婦人部長として活動に駆ける中で悩みも解決

できました。

香川池田正義県は、先生が次代を託す青年たちと共に「紅の歌」を作ってくださ

た地です。師弟の宿縁深きこの地で、使命を頂いたことに感謝は尽きません。こ

からも誓願の題目を根本に、学会創立90周年へ前進する決意です。

 

香川池田正義県婦人部長 大西加主子

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください