• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈勇気の旗高く〉 池田先生と愛知

2019321

 

   必死の一人は万軍に勝る

          中部池田記念講堂で開催された本部幹部会。

           池田先生ご夫妻が広布の友をたたえる

                  (98年11月12日)

 

池田先生が各地の友に寄せたスピーチや指針などを紹介する「勇気

の旗高く」。今回は愛知県を掲載する。

 

攻めの姿勢

 「この地から織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の天下人3人も生まれている。人材を生む天地である」

池田先生は折に触れ、歴史回天の要となってきた愛知の重要性に言及してきた。

天下統一への転機となった「桶狭間の戦い」は、現在の名古屋市緑区で繰り広げられたともいわれる。兵数に諸説

あるものの、今川義元の軍勢は2万5000。一方、織田信長は、わずか2000。実に10分の1以下の劣勢で

ある。

なぜ、信長が勝利を収めることができたのか。池田先生は2007年5月のスピーチで、その勝因の一つに「攻め

の姿勢」を挙げた。

 

 まず信長は、籠城などの「守りの態勢」ではなかった。あくまでも自ら打って出て、断固、陣頭に立って戦う

「攻めの姿勢」で臨んだ。

 

「攻め」の行動が、時をつかむ。「勝利のチャンス」を開く。

そもそも信長は、天下統一への30年にわたる戦いで、受け身の「籠城戦」は一度もしなかった。むしろ、信長は、

敵の領域まで打って出て戦うのが、常であったという。

 

 御聖訓には、「権門をかっぱと破りかしこへ・おしかけ・ここへ・おしよせ」(御書502ページ)と仰せであ

る。この、徹底した広宣流布の攻撃精神こそ、学会精神である。

吉川英治氏は小説『新書太閤記』で、迫り来る今川の大軍との戦いを前に、気概に燃える信長の心境を、こう描い

ている。

「按じるに信長には、今が逆境の谷底と見えた。おもしろや逆境。しかも相手は大きい。この大濤こそ、運命が信

長に与えてくれた生涯の天機やも知れぬ」(講談社)

さらにまた、主君・信長とともに「桶狭間」を戦った若き秀吉についても、こう描いている。

「どんな濤でものりこえて見せようという覚悟が、強いて覚悟と意識しないでも肚にすわっている。そこに洋々た

る楽しさが前途に眺められた。波瀾があればあるほど、この世はおもしろく観じられるのであった」(同)

青春には、そして人生には、大なり小なり、試練の決戦の時がある。それは、それぞれの「桶狭間の戦い」といっ

てよい。

大聖人は、「必ず三障四魔と申す障いできたれば賢者はよろこび愚者は退く」(御書1091ページ)と仰せであ

る。

いざという時に、いかなる「一念」で戦いに臨むのか。これが、決定的に重要なのである。すっきりした一念でな

ければ、戦いは勝てない。

 

 戸田先生は、この一戦の勝因について、こう喝破されていた。

「どんなに多勢でも、団結がなければ戦には負ける。信長軍は少数であったが、『敵の大将を討つ!』という明確

な目標に向かって団結したから勝ったのだ」と。

団結こそ、勝利の根本の力である。

なかんずく、「破邪」の一念で一丸となった異体同心の団結ほど、強いものはない。

 

常に自身を変革

 愛知・豊田市には、トヨタ自動車の本社がある。

世界をリードし続ける発展の要因は何か。

池田先生は、同社の代名詞ともいえる「カイゼン(改善)」の精神に触れ、呼び掛けている。

 

 トヨタの合言葉である「カイゼン」は、今や世界中に知られる国際語となった。自身を常に変革していく勇気――

それが、トヨタの世界的な躍進を可能にしているのである。

 

 毎日が戦いだ。

毎日が進歩のための闘争である。改善のための改善ではなく、勝利のための「改善」である。価値を生むための

「改善」に取り組むことだ。生きた「改善」を繰り返していくことだ。それが、勝つための法則である。

今いる環境に安住して、新たな挑戦の行動を起こさなければ、その団体はやがて滅びていく。

大切なのは、常に自身を変革していくことだ。私たちでいえば「人間革命」である。

自らをつねに新たにし、成長させていくのが、我らの信仰である。そのための最高の方法が、唱題であり、学会活

動である。

 

 重要なのは行動だ。自らの行動で、道を切り開いていくことだ。どうか全リーダーが先頭に立ち、新たな大前進

への波動を起こしていっていただきたい。

 

諸天を動かせ

 愛知の同志が、いつも胸に響かせる歌がある。

池田先生が作詞を手掛けた中部歌「この道の歌」。

2001年7月の随筆では、中部指導(1978年7月)の間隙を縫い、同歌の推敲を重ねた真情がつづられた。

先生は、歌詞の結びにあった「諸天舞う」を、「諸天舞え」と変えている。

たった一字の違いだが、ここに、一切を勝利に転じゆく深い一念が込められている。

この師弟の呼吸を生命に刻み、愛知の友は決然と立つ。

 

 諸天が「舞う」だけでは、主体である我々にとっては、受動的になってしまう。

大事なのは、諸天をも「舞わせる」、つまり「動かしていく」、我々自身の強き祈りと行動にしていくべきである。

 

 仏法の勝負は厳しい。

中途半端な、ひ弱な精神では、断じて勝てない。

民衆の悲嘆の流転を変え、堂々たる民衆勝利の大喝采を叫ぶことはできない。

ゆえに、徹して、断じて強くあれ! ひとたび戦いを起こしたなら、必ず勝て!

必死の一人は、万軍に勝るのだ!

蓮祖は仰せである。

「頭をふれば かみ(髪)ゆるぐ心はたらけば身うごく、(中略)教主釈尊をうごかし奉れば・ゆるがぬ草木やあ

るべき・さわがぬ水やあるべき」(御書1187ページ)

 

 強い祈りが、教主釈尊を動かし、諸天善神を存分に働かせていくのである。

猛然と祈り動けば、必ず、多くの人びとが諸天善神となって味方と変わる。

これが、大仏法の原則だ。

 

 敬愛する愛知の友よ!

新しき、また新しき正義の戦いに勝利し、壮大なる広宣流布の大城を、護り築いていただきたい。

偉大なる愛知よ!

新世紀の「創価の烈士」よ!

遂に来た決戦の時、未来永劫に、その名を輝かせゆくのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください