• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈御書と歩むⅡ――池田先生が贈る指針〉60

2019321

 

 『いかなるところに・おはすとも・この御けうやうの心ざしをば・えんまほう

  わう・ぼんでん・たひしゃく・までも・しろしめしぬらん、釈迦仏・法華経

  もいかでか・すてさせ給うべき

(南条殿御返事、1534ページ)

 

広布の行動こそ最高の孝養

(通解)

 (故・南条兵衛七郎殿が)いかなるところにおられようとも、(子息である貴殿

〈南条時光〉が正法を信仰する)ご孝養の志は、閻魔法王、大梵天王、帝釈天まで

も知っておられるであろう。釈迦仏、法華経も、どうして捨てられることがあろう

か。

 

同志への指針

 妙法には、生死を超えて生命を照らし晴らせる無量無辺の大功力がある。ゆえに、

私たちの追善回向は必ず故人に届き、成仏の境涯へと導くことができる。これが御

本仏のお約束である。

広布の行動こそ、自行化他の題目で一家眷属を三世に包める最極の孝養となる。

十方の諸仏と諸天に守られながら、永遠に離れざる常楽我浄の旅を共々に続けゆこ

う!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください