• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈御書と歩むⅡ――池田先生が贈る指針〉53

2019130

 

 『生死を見て厭離するを迷と云い始覚と云うなりさて本有の生死と知見するを

  悟と云い本覚と云うなり、今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る時本有

  の生死本有の退出と開覚するなり 

 (御義口伝、754ページ)

(通解)

 生死を見て、嫌い離れるのを「迷い」といい、「始成正覚」というのである。

一方、本有の生死(本来、永遠にある生死)と知見するのを「悟り」といい、

「本覚」というのである。   

今、日蓮と門下が南無妙法蓮華経と唱え奉る時、「本有の生死」であり、「本有

の退出」であると覚るのである。

 

同志への指針  

 「生老病死」こそ人類の最重要課題だ。仏法は「生死不二」の哲理を明かしている。  

「死」もまた永遠の生命の厳たる姿であり、忌むべきものではない。妙法に生き抜く

ならば、仏界という大境涯で「生も歓喜」「死も歓喜」と常楽我浄の大空を飛翔でき

る。愛する家族や同志とも、三世に一緒に進みゆける。  この生命の極理で、いよい

よ21世紀を照らしゆこう!

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください