• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈勇気の旗高く〉 池田先生と北海道

2019年1月28日

 

   勝つとは深き祈りと三倍の努力

 

 

       池田先生が北海道文化会館(札幌市厚別区)から

        撮影した三本の三色旗(1991年8月)。

         三代会長の有縁の天地・北海道を

          象徴するかのように、大空のもと、

           「勝利・栄光・平和」の創価の旗が、

             勢いよくはためく

 

 

 池田先生が各地の友に寄せたスピーチや指針などを紹介する「勇気の旗高く」。今回は北海道を掲載する。

 

恩師の遺言

 池田先生はこれまで、恩師・戸田先生の故郷である北海道を51回訪れている。

初訪問は1954年(昭和29年)8月10日。池田先生は、戸田先生と共に、恩師が青春期を過ごした旧・厚田

村や札幌を巡った。
  
 戸田先生にお供しての旅であった。そして多忙の日程のなか、師の故郷に足を運んだのであった。

「私のふるさとを、大作に見せておきたいんだ」

先生の育った家も、一緒に拝見させていただいた。

今、その家は、村の公園に移設・復元されている。

師弟二人して厚田の海岸に立った時、先生は、海の彼方を見つめながら言われた。

「この海の向こうには大陸が広がっている。

大作、お前は世界の広布の大道を必ず開いてゆけ! 頼む。断じて開け!」

それは、恩師の広宣流布の遺言である。

その遺言は、今なお私の胸中に響きわたっている。

私は、先生と、苦しんで戦うことが、好きであった。

先生と、あらゆる非難を浴びながら戦うことが、幸福であった。

そして先生と、この一生を、苦楽を共にしながら深い誓いの人生を生きゆくことが、本望であった。

私には、何の悔いもない。
  
 さらに池田先生は、当時の戸田先生との思い出を振り返りながら、恩師から託された北海道広布のさらなる伸展

を、次のように望んだ。
  
 先生は言われた。

「北海道は、未来の新天地だ。大作、広布のために、多くの多くの友をつくってくれよ」「おれの故郷である北海

道を大切にしてくれ。発展させていってくれ」

私は、遺言と受け止めた。
  
 今や大北海道に、史上最強の誇り高き青年の陣列が出来上がった。

見よ! 広大な北海道の、あの町で、この町で、正義と勇気と栄光の“三色旗”は、勝利、勝利と翻っている。

「広宣流布は北海道から!」――私は、北海道の英雄の皆様を讃えながら、そしてまた、この永遠の指針を託した

いのである。

 

信・行・学のギア

 初訪問に先立つ3月、戸田先生から青年部の室長の任命を受けた池田先生。

全国各地で拡大の渦を巻き起こす中、北海道では、「小樽問答」、そして現在の札幌市中央区を中心に、北区、白

石区など、市内を巡った「札幌・夏の陣」、空知地域での「夕張炭労事件」と、連戦連勝の歴史を重ねた。先生は、

北海道中を駆けた日々を振り返り、真情をつづっている。
  
 毎日の闘争は、皆で呼吸を合わせた朝の勤行と、私の30分の御書講義で始まった。

信心で勝つことだ。

勇気で勝つことだ。

智慧で勝つことだ。

ゆえに「信・行・学」のギアがかみ合ってこそ、一日一日の行動も無敵の闘争となる。

これは、「札幌・夏の陣」における勝利へのリズムであり、翌年の「大阪の大法戦」の原形となるものであった。
  
 悪戦苦闘を突き抜け、断固と勝つことが道を開く。

労働組合が、学会員の信教の自由を圧迫した、あの人権蹂躙の「夕張炭労事件」にも、北海道の同志は、私と共に

完全勝利を収めた。
 
 その1957年(昭和32年)から69年(同44年)まで、私は、13年連続で北海道を訪問している。

深雪を踏んで戦う旭川へ、霧をも晴らす情熱の釧路へ、鉄の団結の都・室蘭へ。正義の砦・函館へ、開拓の魂が光

る帯広へ。

そして、最北の港湾都市・先駆の稚内へ、交通の要衝・躍進の岩見沢へ、と。

71年(同46年)2月、あえて厳冬に挑み、銀の大地に描いた「雪の文化祭」も、偉大なる開拓精神の詩であっ

た。
  
 「小樽問答」「札幌・夏の陣」「夕張炭労事件」――北海道の三大闘争を、私は、若き生命の日記に「勝利」

「勝利」と刻みつけながら戦った。

北海道は、創価の連続勝利の光源である。

“牧口先生、戸田先生の青春の故郷に、敗北の汚名を残してなるものか!”

“師弟有縁の神聖なる天地に、必ず輝かしき正義の旗を打ち立ててみせる!”

これが、つねに変わらぬ、私の決心であった。

 

「開拓魂」燃やし

 師弟が築いた、あこがれの広布の天地・北海道。池田先生は“開拓魂”燃える同志を、見守り続けている。
  
北海道と私は一つだ。

つねに広き曠野が、私の胸を走る。

凍りついた大地を、わが友が、いつも苦しみを歓喜の劇に変えながら、そして使命と喜びの杯を交わしながら、歩

みゆく姿を思う時、熱い活発な魂が、私の胸に躍る。
  
 もっとも厳しい場所で戦い、そこで勝ってこそ、真実の広宣流布の実像がある。

そして、苦難の吹雪のなか、健気に頑張っている人を、仏と思い、菩薩と尊敬し、励ましてこそ、真実の同志であ

る。
  
 だれが、なんと言おうが、何があろうが、われは、断固として広宣流布をする! 断じて勝ってみせる!

これが、学会精神である。これが、世界の人々の憧れの故郷である、北海道を築いた“開拓魂”である。

この心ある限り、北海道は、いかなる吹雪も烈風も超えて、新世紀の希望の春が、厳然と始まるにちがいない。

私は、健気な北海道の同志の健康と長寿とを、そして皆が勝利者であることを、一生涯、祈り続けたい。

 

希望のVサイン

 本年は、池田先生の51回目の北海道訪問(94年〈平成6年〉)から25周年の節目だ。

北海道の同志は、この折に先生から贈られた不滅の指針「勝つとは 深き祈りと 人の三倍 努力することだ」を

じめとする、渾身の激励を胸に刻む。
  
 戸田先生は、よく言われていた。

「私は何がうれしいか。それは、学会員から『こんなに幸せになりました。健康になりました』と報告を受けるこ

とが一番うれしい」と。

私も、まったく同じ気持ちである。
  
 目の前の証拠、すなわち信心の「実証」を示すことが、いちばん説得力がある。雄弁に、妙法の正しさを教えら

れる。ゆえに、生活で勝たねばならない。人生に勝たねばならない。 
  
 北海道は、私が牧口先生、戸田先生の心をわが心として、皆さまとともに築いてきた「民衆の幸福城」である。

「創価の故郷城」である。

 (中略)

大切な大切な、この「幸福城」「故郷城」「三代城」を、断じて魔軍に破壊させてはならない。

魔には、つけ入るスキを与えてはならない。
  
 北海道の皆さまは、どんな時にも、希望のVサインを掲げながら、「北海道さえあれば、学会は永遠なり」という

難攻不落の「三代城」を築いていただきたい。

「三代城」は北海道しかない。この誇りで進んでいただきたい。
  
 広布への情熱の炎を燃やし、3年連続の世帯増を成し遂げた北海道の友。“創価勝利の春”へ、難攻不落の「三代

城」の底力を満天下に示す時が来た。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください