• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

世界広布新時代第40回本部幹部会への池田先生のメッセージ

2019113

 

             この一年も、共に勝利の歴史を!――

               2007年1月の本部幹部会で

                 スピーチする池田先生

 

一、法華経の会座さながらに、日本一の音楽隊、日本一の鼓笛隊の

 「平和の文化」の妙音が轟くなか、明るく笑顔が弾ける新春の本

 部幹部会、誠におめでとう!(大拍手)

 日本が一番冷え込む「寒中」の季節に、真夏の南半球から31時

 間の旅で駆けつけてくれたアルゼンチン、また、アメリカ、ヨーロッパ、台湾、タイ、ラオス、そして韓国をは

 じめ、14カ国・地域の尊き同志の皆さん方、本当にありがとう!(大拍手)

 創価の世界市民が、かくも麗しい「地球民族」のスクラムで前進しゆく晴れ姿を、牧口先生、戸田先生も、どれ

 ほど喜ばれていることでしょう。

 今年は、牧口・戸田両先生のお二人が初めてお会いされてより、100年の佳節となります。〈1920年1月

 頃に出会ってから100年目となる〉

 この師弟の出会いを淵源として、今、「人間革命の光の世紀」が開かれているのであります。

 戸田先生が牧口先生にお仕えし始めたのは、まさに20歳になろうとする時でありました。私が戸田先生にお仕

 えしたのも、同じ年代であります。

 うれしいことに、今日は、ここ東京・戸田講堂をはじめ、常勝・関西、堅塁・中部、先駆・九州などを結び、全

 国の希望に燃える新成人の代表も参加してくれています。 

 不思議にも、戸田先生と100年の歳月を経て、凜々しく誓いの門出を迎えた、宿縁深き地涌の若人たちが一人

 ももれなく栄光と福徳の人生を進みゆかれるように、皆でエールの大拍手を送ろうではありませんか!(大拍手)

 

日蓮仏法の真髄

一、本日の「創価勝利の年」の出陣に当たり、二つの書を披露させていただきたい。

 『新・人間革命』の最終章「誓願」の章を、私は1982年(昭和57年)春の関西と中部の青年文化祭から書

 き起こしました。その反転攻勢の大行進のなか、中部の天地で記し留めた書であります。

 一つは、「仏法勝負乃証」。

 もう一つは、「法華経に勝る兵法なし」であります。

 御本仏・日蓮大聖人は仰せになられました。

 「夫れ仏法と申すは勝負をさきとし」(御書1165ページ)

 また、「仏法と申すは道理なり道理と申すは主に勝つ物なり」(同1169ページ)と。

 これこそ、大聖人から創価の三代の師弟が受け継ぎ、三障四魔、三類の強敵と戦い抜きながら、厳然と証明して

 きた日蓮仏法の真髄に他なりません。

 「一生成仏」も「広宣流布」も、永遠に「仏」と「魔」との大闘争であります。我ら真の日蓮門下は、この末法

 濁悪の世で断固として勝つことを誓い願って生まれてきました。

 そして、わが誉れの同志は、一人一人の生活と人生でも、立正安国の挑戦でも、一つまた一つ、絶対勝利の実証

 を示し切ってきました。

 だからこそ、世界宗教の大飛躍が成し遂げられたのであります。

 

師子王の心で

一、思えば、古今東西、呉子・孫子、諸葛孔明、アレキサンダー、ナポレオン、さらに、現代の経営戦略等々、さ

 まざまな兵法が探求されてきた。

 しかし、一人の人間が宿命を転換し、永遠の幸福を勝ち取る兵法はなかった。

 あらゆる民衆の連帯を築き、社会の安定と繁栄を勝ち開く兵法はなかった。

 そして、「妙法」という大宇宙の根本法則に則り、人類の境涯を高め、平和と共生の未来へ、勝ち栄えさせゆく

 兵法はなかった。そして、「妙法」という大宇宙の根本法則に則り、人類の境涯を高め、平和と共生の未来へ、

 勝ち栄えさせゆく兵法はなかった。

 そのために、大聖人が残し託してくださったのが、「法華経の兵法」なのです。

 「なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし」(同1192ページ)との仰せのままに、あの不可能を可

 能にする「大阪の戦い」に臨む年頭、私が悩み抜き、祈り切って命に定めたことは、「法華経の兵法」を将軍学

 とすることでした。

 つまり、一念に「億劫の辛労」を尽くす精進行の題目が、どれほど力を発揮するか。

 御書根本に励まし合う絆から、どれほど「随縁真如の智慧」が湧き出ずるか。

 難を恐れぬ朗らかな「柔和忍辱の心」で、どれほど変毒為薬していけるか。

 不軽菩薩の如く「人を敬う」大誠実の振る舞いが、どれほど仏縁を広げるか。

 関西の誓いの友と私は、何よりも「師子王の心」の勇気で、仏菩薩も諸天善神も、悪鬼魔民さえも揺り動かしな

 がら、ついに“まさか”を実現したのです。

 

異体同心で凱歌を

一、幾多の難問に直面する地球社会は、いやまして法華経の兵法を渇仰しています。

 御書には、現証のリズムを「百日・一年・三年・七年が内に」(同911ページ)とも仰せです。

 重大な歴史の転換点に立つ今この時、我らは学会活動で鍛え上げた「法華経の兵法」に勝るものなしと胸を張り、

 御本仏から任された、それぞれの誓願の天地で、「百日・一年・三年・七年」と、「仏法勝負乃証」をいよいよ

 威風堂々と打ち立てていこうではありませんか!

 「悪は多けれども一善にかつ事なし」(同1463ページ)との御金言の通り、日本全国、そして全世界の創価

 家族と「異体同心」の凱歌を共々に誓い合って、出発のメッセージといたします。

 わが愛弟子たちの「健康長寿」と「絶対勝利」を、私は祈り抜いていきます(大拍手)。

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください