• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

リーダー率先の拡大へ 全国総県長会議

2019112

 

        混迷の時代を照らすのは、

          我ら創価の人間主義の哲学!

           ――本年の大勝利を誓うリーダーが集い、

            意気軒高に行われた全国総県長会議

              (創価文化センター内の金舞会館で)

 

 広宣流布の未来を決する重要な一年を、勢いよくスタートする全国

総県長会議が11日午後3時から、東京・新宿区の創価文化センター内の金舞会館で行われた。

昨年、未曽有の弘教・対話の拡大を成し遂げ、各地で新しい人材が立ち上がる青年部。

竹岡青年部長は“青年の声こそ、明日を変える力”との信念で、庶民が輝く時代建設の先頭に立ちたいと抱負を。

社会を混迷させる暴論を打ち破り、正義の論陣を広げていきたいと述べた。

婦人部は本年、「私の人間革命運動」を朗らかに実践している。

永石婦人部長は、瞬間瞬間、新しい決意で自身の人間革命に取り組む大切さを強調。最前線の全ての人が歓喜の心

で活動に取り組めるよう、誠実の行動で一人一人に励ましを送ろうと呼び掛けた。

原田会長は、師と心を合わせ、異体同心の団結で「創価勝利」へと出陣しようと力説。小説『新・人間革命』に触

れつつ、広布の戦いを連続勝利する要諦として、①リーダー率先の「攻めの対話と行動」②組織の隅々まで励まし

を広げ、皆が最大に力を発揮する③正役職と副役職の友の団結、の3点を確認した。

また、立正安国とは自他共に功徳を広げる戦いであると語り、一人一人が境涯を開き、幸福になったといえる一年

をと念願。

まずは栄光の「5・3」を目指し、強き祈りと信心と師弟で、怒濤の前進を開始しようと呼び掛けた。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください