• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

万年に続く“幸福の大道”を開く

201911

 

 『今日蓮が唱うる所の南無妙法蓮華経は末法一万年の衆生まで成仏

  せしむるなり

(御義口伝、720ページ)

 

(通解)

 今、日蓮が唱える南無妙法蓮華経は、末法一万年衆生まで成仏させるの

ある。

 

 池田先生は、小説『新・人間革命』「誓願」の章で、この御文を拝し、

「大聖人の仰せのままに進む人は、誰でも成仏できることを確信し、いよ

いよ万年の未来へ、壮大なる希望の出発をしようではありませんか」

「どうか、皆様は、『世界一の朗らかさ』と『世界一の勇気』をもって、

『世界一の創価学会』の建設へ邁進していただきたい」と、万感の期待を

記してくださいました。

私たちの唱える題目は、いかなる宿命をも使命へと転じていける勇気と希

望の源泉です。どれほど多くの同志が、宿命転換のドラマをつづってきた

ことでしょうか。

地涌の陣列は、今や世界192か国・地域に広がり、頼もしき青年部と宝

の未来部が澎湃と育っています。すごい時代になりました。

かつて先生は、”第七の「七つの鐘」と進みゆく”――23世紀までの広布

の展望を語ってくださいました。末法万年の広宣流布から見れば、いよい

よこれからです。真剣な祈りから始める、今の第一歩が、はるか未来の”幸

福の大道”を開くことは間違いありません。

さあ、先生と共に、同志と共に”創価勝利の年”を明るく朗らかに大勝利し

てまいりましょう。

 

理事長 長谷川重夫

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください