• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈御書と歩むⅡ――池田先生が贈る指針〉49

20181228

 

 『日蓮を供養し又日蓮が弟子檀那となり給う事、其の功徳をば仏の智慧

  にても・はかり尽し給うべからず

 (諸法実相抄、1359ページ)

 

(通解)

 日蓮を供養し、また日蓮の弟子檀那となられた功徳は仏の智慧でも量り尽く

すことはできない。

 

同志への指針

 この一年、新たな地涌の友が、あの地でも、この地でも澎湃と誕生した。

御本仏は全国・全世界の大奮闘をいかばかり御賞讃であろうか。本当にありが

う!

大聖人直結の「弟子檀那」として戦う創価家族の功徳は仏の智慧でも量り尽く

ない。

新たな一年も、我らは広宣流布のため、立正安国のため、不二の大闘争で、金

不壊の歴史を築こうではないか!

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください