• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈忘れ得ぬ瞬間 創立者の語らい〉第8回

20181222

 

   創価大学 1989年1月 滝山友光の集い

   一隅を照らす人材に 

 

       第3回「滝山友光の集い」で学生たちの熱演をたたえ、

         拍手を送る創立者・池田先生ご夫妻。

           管弦楽や日本舞踊、ダンスなど多彩な演目が披露された

                  (1989年1月16日、創価大学で)

 

 寮生の要望に応え、1988年から行われた「滝山友光の集い」。

寮・下宿生をはじめ、留学生らが参加し、合唱や舞踊などを披露してきた。

創立者・池田先生もたびたび出席し、共に食事を取りながら、思い出のひととき

を刻んだ。第3回の集い(89年1月16日)では、創価大学の名誉博士である

中国・復旦大学の蘇歩青名誉学長と日本の識者との交流を紹介。青春を生きる学

友に、真実の友情の気高さと尊さを語った。

 

 人格と人格、魂と魂で結ばれた絆というものは、どんな嵐にも、ゆらぐことはない。いかなる試練の峰、苦難の

坂にあっても、たがいを固く結びあい、ささえあいながら、時とともに強固なものとなっていく。まさに、真実の

友情こそ、人生の最高の宝であります。反対に、順境の時は、うるわしい絆で結ばれているように思えても、いざ、

逆境となると態度が豹変し、冷淡となってしまう関係もある。

 

 とくに、確固たる「自分」というものをもたなければ、日本人は世界のなかで、深い信頼と友誼の心を分かちあう

ことができないのではないかと、私は危惧する。

 

中途半端を排せ

 1930年11月18日に発刊された牧口常三郎先生の『創価教育学体系』。池田先生はこの「創価教育」誕生

の背景に輝く、牧口先生と戸田城聖先生の師弟のドラマを紹介する。牧口先生は、高き理想を掲げ、左遷や排斥と

いった迫害の中で、教育学の草稿を書き留めた。戸田先生は、師を支えながら、師の教育学説を世に出すために、

膨大な草稿の整理・編集を引き受ける。池田先生は、自らも恩師・戸田先生を守り抜いた体験に触れながら、“創

価教育の根幹”ともいうべき歴史と精神に言及した。     

 

 いかなる世界にあっても「先駆の人」には、必ず迫害や苦難の嵐がある。苦難なくして偉大なる仕事を残した人

はいない。難があるからこそ、人間も磨かれ、深められ、大成への道が開かれていくといってよい。

 

 じつは牧口先生の『創価教育学体系』の草稿は、現職の小学校校長としての激務のなかで、時間を生み出しては、

広告の紙や封筒の裏、反古紙などに書き綴られたものであった。何ごとも、整った環境や形式がなければできない

というのでは、本物の戦いではない。むしろ、何もないような厳しい環境のなかから、傑出した創造がなされるの

が歴史の常でもある。     

 

 当時、戸田先生は、昼は私塾の時習学館で教え、夜は中央大学で学ばれていた。その多忙きわまる生活のなかで、

師より託された、この仕事に心血を注ぎ、見事に完成させておられる。中途半端はどこまでいっても中途半端であ

る。何事もなしえない。いわんや峻厳な師弟の関係に中途半端は許されない。     

 

 戸田先生は後に「陰の力であった自分のことは、だれ一人ほめもしなかったが、私は一人、会心の笑みを浮かべ

ていた」と述懐されている。――これでいいんだ。牧口先生の思想が世に出、この本が評価されれば、自分にはこ

れ以上の喜びはない。そういう心境であられたと私は思う。  

古今東西、まことの弟子の道とは、そういうものであります。1951年(昭和26年)5月3日。嵐を乗り越え

て、晴れの会長就任の日を迎えられた戸田先生の姿を見ながら、私もまったく同じ喜びをかみしめていた。  

だれが知らなくてもよい。だれが認めなくてもよい。無認識な世間の評価など問題ではない。ただ師の大いなる理

想を、わが渾身の力で実現し、証明していく。ここにのみ「弟子の証」がある。そして一切の毀誉褒貶を超越して、

胸中の真実に生きゆく「人間の証」があります。   

 

 池田先生はさらに、牧口・戸田両先生の理想は、「花開く時を迎えた」と強調。自己の舞台で新たなる「平和の

価値」「文化の価値」「人生の価値」を創造する創大生・学園生の前途に大きな期待を寄せた。     

 

 どうか日々、はつらつと健康であっていただきたい。お父さん、お母さんが喜び、安心してくださるように、自

分で工夫して心身を鍛え、勉学に励んでほしい。そして全員が新世紀の大いなる舞台へと勇躍、躍りでていってい

ただきたい。「一隅を照らす」という言葉があります。皆さん一人一人が、それぞれの分野にあって、“一隅を照ら

しゆく”人材に成長されんことを心から念願し、記念のスピーチとさせていただく。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください