• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

未来部 E―1グランプリ全国大会

20181126

 

   応募総数8000作品 選抜10チームが創価大学で

 

         グランプリに輝いた

          大阪・高槻栄光県「☆Shichiten

           Hakki☆~七転八起~」の演技

             (創価大学ディスカバリーホールで)

 

 第4回「未来部E―1グランプリ」の全国大会が25日、東京・

八王子市の創価大学ディスカバリーホールで晴れやかに行われた。

池田先生がメッセージを贈り、同グランプリに挑戦した全ての友を「全世界に友情と平和の『金の橋』を広げゆく

創価のメロス」とたたえた。

同グランプリは、4人1組で英会話の寸劇を披露するもの。

本年の応募総数は約8000作品。厳正な審査を経て選抜された10チームが、全国の舞台に臨んだ。

今回のテーマは「読書」である。登場人物はユウキ、お母さん、魔法使いジーニー、そして、お母さんが勧める

「ある本」の主人公の4人。本の主人公が語る本のあらすじと魅力を通して、「あること」を学んだユウキが決意す

る――というストーリーだ。

堂々のグランプリ(第1位)に輝いたのは「☆Shichiten Hakki☆~七転八起~」(大阪・高槻栄

光県)。第2位に「Global Star Children」(沖縄・那覇王者県)、第3位には「Mits

ukyo Haruka’s」(神奈川・横浜栄光区)が選ばれた。

アメリカ創価大学のハブキ学長が講評し、山口未来本部長らが皆の奮闘をたたえた。

最後に全員で未来部歌「正義の走者」を大合唱した。

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください