• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈世界広布の大道――小説「新・人間革命」に学ぶ〉第2巻 名場面編

20181114

 

 今回の「世界広布の大道 小説『新・人間革命』に学ぶ」は

第2巻の「名場面編」。心揺さぶる物語の名場面を紹介する。

次回の「御書編」は21日付、「解説編」は28日付の予定。

 

師の偉業を永遠に

 

沖縄を初訪問した山本伸一は1960年7月18日、南部戦跡を視

察し、摩文仁丘に立つ

 

 戸田城聖の起こした平和の大潮流は、慟哭の島・沖縄にも広がり、友の歓喜は金波となり、希望は銀波となった

のである。

山本伸一は、その師の偉業を永遠に伝え残すために、かねてから構想していた、ともいうべき小説を、早く手がけ

ねばならないと思った。

しかし、彼には、その前に成さねばならぬ誓いがあった。戸田の遺言となった三百万世帯の達成である。伸一は、

それを戸田の七回忌までに見事に成就し、その勝利の報告をもって、師の伝記小説に着手しようとしていた。

戸田は「行動の人」であった。ゆえに弟子としてその伝記を書くには、広宣流布の戦いを起こし世界平和への不動

の礎を築き上げずしては、戸田の精神を伝え切ることなどできないと彼は考えていた。文は人である。文は境涯の

投影にほかならないからだ。

伸一は、戸田の七回忌を大勝利で飾り、やがて、その原稿の筆を起こすのは、この沖縄の天地が最もふさわしいの

ではないかと、ふと思った。

彼の周りに、見学を終えた友が集まってきた。伸一は、沖縄の友に語りかけた。「かつて、尚泰久王は、琉球を世

界の懸け橋とし、『万国津梁の鐘』を作り、首里城の正殿に掛けた。沖縄には平和の魂がある。その平和の魂をも

って世界の懸け橋を築く先駆けとなっていくのが、みんなの使命だよ」

(「先駆」の章、86~87ページ)

 

 

”行き詰り”との闘争

 

60年7月22日、東京・台東体育館での第2回婦人部大会で、行き詰まりとの闘争について語る。

 伸一の話は、青春時代の自分の体験に及んだ。

「戸田先生が事業の再建のために苦闘されていた時代が、私にとっても、最も苦しい時代でした健康状態も最悪で

あり、給料は遅配が続き、無理に無理を重ねていました。

そして、先生とお会いしていた時に、つい弱音を口にしてしまったことがあり、厳しく言われた言葉が忘れられま

せん。

『伸一、信心は行き詰まりとの永遠の闘争なんだ。魔と仏との闘争が信心だ。それが”仏法は勝負”ということなん

だ』

人生には、誰でも行き詰まりがあります。事業に行き詰まりを感じている人もいるかもしれない。夫婦の関係にも、

行き詰ってしまうことがあるでしょう。子育てでも、人間関係の面でも、あるいは、折伏や教学に励んでいる時も、

行き詰まりを感ずることがあるかもしれません。

しかし、御本尊の力は広大無辺であり、宇宙大であります。ゆえに、私たちの生命も、無限の可能性を秘めていま

す。

つまり、問題は私たちの一念に、行き詰まりがあるかどうかにかかっています。それを本当に自覚した時には、既

に勝利の道が開かれているんです。

もし、行き詰まりを感じたならば、自分の弱い心に挑み、それを乗り越えて大信力を奮い起していく。戸田先生は、

それが私たちにとっての「発迹顕本」であると言われたことがあります。(中略)何か困難にぶつかったならば、

行き詰まりとの”闘争”だ、今が勝負であると決めて、自己の宿命と戦い、勇敢に人生行路を開いていっていただき

たいのであります」

(「練磨」の章、96~99ページ)

 

 

対立の壁を超えて

 

60年7月30日、千葉・犬吠埼での「水滸会」野外研修で、青年たちの質問に答える。

 一人の青年が尋ねた。

「東西両陣営の対立は、ここに来て、ますます深刻化しつつありますが、これは日蓮大聖人が仰せの自界叛逆難の

姿ととらえることができますでしょうか」

「私(山本伸一)も、そう思います。交通や通信の発達によって、現在の世界は狭くなった。もはや地球は一つの

国です。そう考えていくと、東西の対立は、日蓮大聖人の時代の自界叛逆難といえます。

仏法を持った私たちが、世界の平和のために、民衆の幸福のために立ち上がらねばならない時が来ているんです。

イデオロギーによる対立の壁を超えて、人間という原点に返るヒューマニズムの哲学が、これからの平和の鍵にな

ります。それが仏法です」

(中略)「いかに制度や環境を整えたとしても、人間の悩みを克服し、向上心や自律心を培うといった、内面の問

題を解決することはできません。

もし、宗教をいつまでも排斥していけば、精神の行き詰まり、荒廃を招くことになります。ゆえに、人間の精神を

いかに磨き、高めていくかを真剣に考えるならば、真実の宗教の必要性を痛感せざるをえないでしょう。

そのためにも、大事なことは各国の指導者との対話だと私は思っている。対話を通し、信頼と共感が生まれれば、

自然に仏法への眼を開いていくことになります。三十年もたってみれば、今、私の言ったことの意味がよくわかる

はずです」

(「練磨」の章、126~128ページ)

 

 

日頃の振る舞い

 

60年11月9日、甲府支部結成大会後の懇談会で、女子部の友に励ましを送る。

「私の母は信心していないので、家に帰り、母と顔を合わせると、歓喜が薄らいでしまいます。どのようにすれ

ばよいでしょうか」

「家の中を明るくするために信心しているのに、あなたが暗くなってしまったら、意味がないではありませんか。

また、お母さんを信心させたいと思うなら、あなた自身が変わっていくことです。『そもそも仏法とは……』など

と、口で偉そうに語っても、お母さんから見れば、いつまでも娘は娘です。ですから、そんなことより、お母さん

が、本当に感心するような、優しく、思いやりにあふれた娘さんになることのほうが大切です。

たとえば、本部の幹部会で東京に行った時など、お土産を買って帰るぐらいの配慮が必要です。また、家に帰った

ら、『ただ今帰りました。ありがとうございました』と、素直にお礼を言えるかどうかです。信心といっても、特

別なことではありません。あなたの日頃の振る舞い自体が信心なんです。

お母さんから見て、”わが子ながら本当によく育ったものだ。立派になった”と、誇りに思える娘になれば、必ず信

心しますよ。お母さんの心に、自分がどう映るか――それが折伏に通じるんです」

(「勇舞」の章、209~210ページ)

 

 

約束は必ず守る

 

 山本伸一が父親として常に心がけていたことは、子どもたちとの約束は、必ず守るということだった。

伸一は、せめて年に一、二度は、一緒に食事をしようと思い、ある時、食事の約束をした。しかし、彼は自分がな

さねばならぬことを考えると、そのために、早く帰宅するわけにはいかなかった。

そこで、学会本部から車で十分ほどのレストランで、ともに夕食をとることにした。

しかし、その日になると打ち合わせや会合が入り、取れる時間は、往復の移動も含めて、二、三十分しかなかった。

だが、それでも伸一はやって来た。ものの五分か十分、一緒にテーブルを囲んだだけで立ち去らねばならなかった

が……。

親子の信頼といっても、まず約束を守るところから始まる。もちろん、時には守れないこともあるにちがいない。

その場合でも、何らかの形で約束を果たそうとする、人間としての誠実さは子どもに伝わる。それが”信頼の絆”を

つくり上げていくのだ。

峯子は、足早に去っていく伸一を見送ると、子どもたちに言った。

「パパは、来ることなんてできないほど忙しかったのに、約束を守って、駆け付けてくださったのよ。良かったわ

ね」

まさに、子育ての要諦は夫婦の巧みな連係プレーにあるといえよう。

(「民衆の旗」の章、329~330ページ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください