• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈世界広布の大道――小説「新・人間革命」に学ぶ〉 

第2巻 基礎資料編

2018117

 

 今回の「世界広布の大道 小説『新・人間革命』に学ぶ」は第2巻の「基礎資料編」。各章のあらすじ等を確認

する。次回の「名場面編」は14日付、「御書編」は21日付、「解説編」は28日付の予定。

   物語の時期  1960年5月3日~同年末

 

「先駆」の章

山本伸一は1960年5月3日、第3代会長に就任すると、恩師・戸田城聖の遺言である300万世帯の達成を

4年後の七回忌までの目標として、新たなスタートを切る。

5月8日には、全国に先駆けて関西総支部幹部会へ。新支部長たちに励ましの言葉を掛けながら支部旗を手渡す。

それまで8支部だった関西は、18支部へと陣容を拡大した。

東京に戻った伸一は、9日に女子部幹部会に出席。活動の柱は「座談会」と「教学」であることを訴える。10日

の男子部の幹部会でも、「青年の手で座談会を大成功させていこう」と指導。青年部に先駆けの活躍を期して万感

の激励を送っていった。

日蓮大聖人の「立正安国論」上書から、ちょうど700年になる7月16日。伸一は、アメリカの施政権下にあっ

た沖縄を初訪問する。翌日、沖縄支部の結成大会に出席。学会のめざす広宣流布とは、この世から「悲惨」の二字

をなくし、世界の平和を実現するものであることを訴える。

伸一は沖縄戦の戦跡を訪ね、戸田の伝記ともいうべき小説の筆を起こすのは、沖縄の天地が最もふさわしいのでは

ないかと思う。

 

「練磨」の章

伸一は、7月22日、第2回婦人部大会に出席。「信心は行き詰まりとの永遠の闘争」との戸田の言葉を通し、

勇敢に人生行路を開いていただきたいと訴えた。

伸一は、夏から秋にかけて青年たちの本格的な育成を開始する。7月30日には、千葉県の犬吠埼で行われた男子

部の人材育成グループ「水滸会」の野外研修へ。彼は、この研修を、広布を担い立つ旅立ちの集いにしようと考え

ていた。しかし、その決意も情熱も感じられない参加者の姿を見て、厳しく指導。創価学会の中核として立つべき

「水滸会」の自覚を促した。翌日は、女子部の「華陽会」の野外研修が行われている千葉県の富津の海岸へ。一緒

にドッジボールに汗を流すなど、メンバーと金の思い出を刻む。

伝統の夏季講習会では「日興遺誡置文」を講義する。

この夏、伸一は、地方指導のほか、各地で行われた青年部の体育大会などに出席。9月に東京の国立競技場で開催

された第3回全国体育大会「若人の祭典」では、恩師から受け継いだ広宣流布の”魂のバトン”を託すのは青年部で

あると語る。

 

「勇舞」の章

10月25日に北・南米の旅から帰国後、伸一は千葉、前橋の支部結成大会へ。千葉では、戦後の食糧難の時代

に幕張へ買い出しに来て、農家の婦人が親切にしてくれたことを回顧する。11月6日には、横浜での第9回男子

部総会へ。

さらに、支部結成大会の旅は沼津、甲府、松本、長野、富山、金沢へと続く。沼津では、支部長の妻に丁重にあい

さつし、家族への配慮の大切さを自らの振る舞いで示す。松本から長野までの列車内では、女子部のリーダーの、

事業に失敗したという父親と懇談し、激励する。長野では、旅館で支部幹部と懇談。学歴がないことを不安に思う

男子部のリーダーに「自分らしく、自分のいる場所で頑張ることです」と語り、自ら「田原坂」を歌って励ます。

新設された各支部の幹部たちは、伸一の行動を通して「同志を、会員を守り、励ます」リーダーのあり方を学んで

いった。

11月18日には、初代会長・牧口常三郎の十七回忌法要に参列。「信教の自由」という信念を貫いて獄死した先

師をしのび、牧口を永遠に世界に顕彰しようと誓いの炎を燃やす。

 

「民衆の旗」の章

11月20日、第8回女子部総会に出席した伸一は、戸田の「女子部は幸福になりなさい」との指導を引き、広

宣流布という真実の幸福の道を歩み抜くよう訴える。

11月下旬、東北各地の支部結成大会へ。山形、南秋田、岩手の大会に相次いで出席し、学会は「会員第一」「民

衆根本」であることを強調する。帰京後は、第2回学生祭へ。「仏法」と「世界のさまざまな思想」の関係性に言

及する。

12月に入っても、伸一の激闘は続く。4日は大分支部の結成大会に出席。場外で献身していた役員の青年たちに、

10年後をめざしての前進を望む。5日は関西3総支部結成大会、6日は徳島支部の結成大会、7日は岡山での中

国本部の落成式に臨む。

その後も、明年度の諸活動の検討など、一年の総仕上げに全力を注ぎ、年末のある夜、久方ぶりに、つかの間の家

族だんらんを過ごす。

会長就任以来、片時の休みもなく走り続け、学会の総世帯は170万世帯を上回り、124支部の陣容に。伸一は

”民衆の旗”を掲げ、勝利を誓い、決戦の第2幕に躍り出ようとしていた。

 

 

山本伸一の激励行

1960.5.3―同年末 <24都道府県>

*第2巻に登場するもの

 

『山本伸一は、会長に就任すると、直ちに全国各地を回り、会員の指導、激励に東奔西走してきた。それは、ひと

りでもおおくのかいいんとあい、ともにあらたなしゅっぱつをするためであった。』    (16ページ)

 

第3代会長就任前       同年末

(60年4月末)

61支部         124支部

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください