• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈随筆 永遠なれ創価の大城 池田大作〉35青年こそ未来なり

2018年11月5日

 

   時は来た。前進だ! 団結だ!

   若き世界市民の連帯で地球を結べ

   尊き使命の君に 貴女に 栄光あれ!

 

 

       南アフリカの人権の巌窟王マンデラ氏を、

         青年たちと共に歓迎。

           創価大学パン・アフリカン友好会の

             友の歌声に笑顔が輝く

               (1990年10月31日、

                  信濃町の聖教新聞社で)

 

 

 「男子部の日」「女子部の日」を刻む栄光の月を、晴れ晴れと勝ち飾りゆく創価の青年部の皆さん、おめでとう!

今も鮮やかに思い出す秋の日の光景がある。

一九九〇年(平成二年)――“獄窓一万日”に及ぶ獄中闘争を勝ち越えた人権の巌窟王、南アフリカのマンデラ氏を、

わが宝の青年たちと共に、信濃町で熱烈に歓迎した。

爽やかな陽光のもと、車から降り立ったマンデラ氏を握手で迎えると、男女五百人の青年たちの「ビバ! マンデ

ラ!」の歓声が包んだ。

さらに創価大学パン・アフリカン友好会の友が「ロリシャシャ・マンデラよ……」と、氏の名前を呼びかける民衆

の愛唱歌を歌い上げると、満面の笑みで応えられた。

 

「私は元気に!」

 五年後、新生・南アの大統領として来日されたマンデラ氏と再会した時、開口一番で話題にされたのは、最初の

出会いの思い出であった。

「あの青空。あの素晴らしい歓迎。

たくさんの青年が迎えてくれました。私は元気になりました。

創価大学の学生さんが歌ってくれた光景も、忘れられません」と。

マンデラ氏は、創価の青年との出会いを、ことのほか大事にしてくださっていたのである。

青年の力は計り知れない。恐れなきバイタリティー、挑戦と進取の勇気、未来を見つめる凜々しき瞳……それだけ

で、青年は、いかなる大富豪よりも「富める者」である。

マンデラ氏との会見の最大のテーマは、何であったか。それは「教育」であり、「後継」ということであった。

「一本の高い樹だけではジャングルはできない。他の多くの木々が同じような高さまで伸びて、大きな森の茂みが

できあがる」。こう私が申し上げると、マンデラ氏は深く頷かれていた。

最晩年、マンデラ氏は東日本大震災に心を痛め、復興を祈ってくださった。その中で私にも一詩を贈っていただい

た。

そこには、「お互い歳を重ねましたが、それでも、私たちは共に世界と一体です」との心情が綴られていた。

私が返詩に「世界を蘇らせゆく若き森が育ち、広がりゆく姿ほど大いなる喜びはありません」と込めてお伝えする

と、大変に喜んでくださった。

今年は、マンデラ氏の生誕百周年でもあった。アフリカをはじめ全地球規模で、希望の大森林の如く広がる創価の

若き世界市民の希望の連帯を、あの笑顔で見守ってくださっていると確信する。

 

「誓願」の師子吼

 六十五年前(一九五三年)の十一月、学会本部は、東京・西神田から、信濃町に移った。

移転後まもなく迎えた牧口先生の十回忌法要において、戸田先生は烈々と師子吼された。

――私は弟子として、牧口先生の大哲学を世界に認めさせる! 価値論を世界的哲学として認めさせるまで戦う。

もしも私の代でできなければ、戸田門下の君らがやってもらいたい、と。

創価の哲学を世界へ! これが信濃町の本部での最初の宣言であった。

師の「誓願」の通り、創価の哲学は日本の海岸線を悠々と越え出でた。

日蓮大聖人の「太陽の仏法」は、今や、世界百九十二カ国・地域へと広がり、人類に希望の光、幸福の光、平和の

光を送り続けている。

この世界広布新時代の地平を開いてくださったのは、他の誰でもない。草創の時代から今日に至るまで、御本仏の

御遺命のままに広宣流布に走り抜いてきた、各国、各地の学会員である。庶民の父たち母たちである。

今の栄光の時代に生きる青年たちは、どうか、この大恩を忘れないでもらいたい。そして後継の炎のバトンを握り、

さらに新しい時代を創っていってほしいのだ。

青年らしく、学会っ子らしく!

 

黎明の鐘を打て

 共々に「広布の黎明の聖鐘を打とう」――これは、中国方面の“山口開拓指導”に駆ける中、共戦の友に贈った言

葉である。

この決心で私が一切の指揮を執り、一九五六年十月から翌年一月まで、一波、二波、そして第三波と広布拡大に走

った。

この“山口闘争”には、志願兵の誇りと決意をもって、全国の同志が馳せ参じてくださった。東京から、北海道や東

北など北国から、神奈川や埼玉、愛知から! また福岡や四国から、大阪、兵庫をはじめ全関西から! 恩師の願

業たる七十五万世帯の達成へ、私と共に戦った一人ひとりが、第一級の広宣流布の闘士と輝きを放っていったのだ。

“山口闘争”の第二波の渦中、私は萩の松下村塾を訪れた。牧口先生と戸田先生も敬愛されていた明治維新の先覚者・

吉田松陰が、新時代の人材を育てた揺籃である。

松陰いわく、「志ある人物は必ず志を同じゅうする友があり、師を同じゅうする朋がある」と。

若くして人生の師を持ち、広宣流布という最も偉大な志を分かち合える朋友を持つ――これが、どれほど幸せなこ

とか。

戸田先生が松陰を語られる際には、その弟子、ことに高杉晋作と久坂玄瑞という若き双璧に、鋭い眼を注がれるの

が常であった。先生は、大きな社会変革の中核には、必ず魂の結合から生まれる青年の熱と力があることを確信し

ておられた。

この方程式は、歴史の“黄金則”であり、その通りに今、世界広布新時代の夜明けを告げる鐘が鳴り響いているのだ。

 

一切衆生が宝塔

 この八月には、シンガポールで「青年の祭典」が開催され、一万数千人の若人が歓喜躍動した。インドやタイ、

マレーシアなど南アジア各国のリーダーも会し、「『平和の地球』を我らの勇気で!」と誓い合った。

韓国と日本の青年部の交流も意義深かった。

さらに九月には、アメリカ九都市で、大勝利の青年大会「正義の師子・五万」が、意気軒昂に行われた。その時に

出演したアメリカの青年たちを中心に今、新たな友また友を糾合しようと、学会創立の月を記念する座談会の結集・

充実に力を注いでいるという。

アルゼンチン、ブラジルはじめ中南米でも、欧州でも、オセアニアでも、アフリカでも、「人間の尊厳と希望輝く

新時代」へ、若人の前進は一段と勢いを増している。

「御義口伝」に、「宝塔即一切衆生・一切衆生即南無妙法蓮華経の全体なり」(御書七九七ページ)との甚深の仰

せがある。

「法華経」に説かれる、大地より涌出した巨大で荘厳な宝塔は、実は一切衆生、すなわち民衆一人ひとりの生命そ

のものなのだ。人種も、民族も、出自も、職業も関係なく、ありのままの人間の姿が尊厳なる宝塔に他ならない。

妙法の全体なのだ。

ゆえに誰一人、卑下する必要はない。誰一人、孤独な絶望の闇に置き去りにされてはならない。

「どうせ自分なんか」と自信を失った友に、「あなたこそ、最も尊い使命を持った、最も尊貴な人なのだ」と励ま

し、ロマンと希望に満ちた凱歌の人生を共々に歩むための仏法なのだ。

青年こそ未来である。人類の至宝である。若き異体同心のスクラムで、一人また一人と友情を広げ、誰もが桜梅桃

李と輝く「生命尊厳の宝塔」を林立させていくのだ! それは、皆が法華経の行者の自覚で、「仏語(=仏の言葉)

を実語とせん」(同二三〇ページ)とする壮大な挑戦といってよい。

北海道から九州、沖縄に至る列島各地で開催中の青年大会や音楽祭でも、新たな地涌の若人が歓喜踊躍している。

温かく支え応援してくださる壮年・婦人や、準備に当たる運営役員の方々にも心から感謝したい。

出演者はもとより、地域の青年部・未来部の友が一人ももれなく信心の原点を築き、黄金の友情の行進を加速でき

るよう、皆で題目を送ろう!

 

若き力の開花を

 核兵器による「人類存続の危機」に警鐘を鳴らした、英国の哲学者ラッセルはかつて叫んだ。

「若い人達を全世界的協力の可能性に気づかせること、そして人類全体の利益について考える習慣を生み出すこと

が、教育の目的の一つであるべきである」と。今なお不朽の言葉であろう。

先頃、国連が取り組む「人権教育のための世界計画」第四段階のテーマが「青年」と決まった。この世界計画は

「人権教育のための国連十年」(二〇〇四年終了)を引き継ぎ、人権文化の発展と人権教育に関する共通の理解を

促進するべく設けられたものである。

二〇〇五年から五年ごとにテーマを定め、進められてきた。「青年」と掲げる第四段階のスタートは、二〇二〇年

からだ。

このテーマの策定に際しては、わがSGIも、作業部会への参加や共同声明などを通して議論に加わってきた。

私自身、毎年の平和提言などを通し、青年に焦点を当てた人権教育を一貫して提唱してきた。それだけに、今回の

決定を何よりも嬉しく思う。

ともあれ、「青年のエンパワーメント(内発的な力の開花)」は、まさに全地球的なテーマとなっているといって

よい。

だからこそ、わが学会は、いよいよ青年と共に、世界の同志と一緒に、麗しき「水魚の思」の団結で前進するのだ!

二十八年前の対話の最後、私はマンデラ氏と歩みつつ未来を展望した。

――試練を乗り切り、戦い勝ってこそ、偉大である。真実の正義は、百年後、二百年後には必ず証明される、と。

この最極の人間革命の大道を、わが不二の青年たちよ、いざ朗らかに胸を張り、未来へ、勝利へと、闊歩してくれ

給え!
     

 吉田松陰の言葉は『講孟劄記(上)』近藤啓吾訳(講談社)。

 ラッセルは『人類に未来はあるか』日高一輝訳(理想社)。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください