• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

“勝利の年”へいざや前進! 原田会長が出席 大関西が総会

2018115

 

      圧倒的な弘教・人材の拡大で「11・18」へ走り、

       “創価勝利の年”へ先駆ける常勝関西の友

                  (関西戸田記念講堂で)

 

 弘教・人材の拡大で全国を牽引した大関西が、“創価勝利の年”へ

いち早く出発を切る「世界広布新時代第6回関西総会」が4日午後、

大阪・関西戸田記念講堂で開催された。

第1部では、太鼓演奏、“日本一”に輝いた関西吹奏楽団による記念

演奏、関西広布史の映像などを交え、常勝新時代を開く青年の誓いを表現。竹本関西青年部長、足立同男子部長、

堀同女子部長が決意を述べた。

第2部では、谷川主任副会長があいさつし、大阪西勇舞区の大野耕吉区長が、率先の弘教を報告。山内関西長、直

里同婦人部長は、「関西はひとつ!」を合言葉に、人間革命のスクラムで、今再び、日本と世界へ勝利の波動を送

る大前進を開始しようと呼び掛けた。

高柳婦人部総合長に続いて原田会長は、御聖訓「他人なれどもかたらひぬれば命にも替るぞかし」(御書1132

ページ)を拝しつつ、池田先生の真心の“人間外交”を模範に、目の前の一人と崩れぬ本物の友情を築き、常勝関西

の未来を断じて切り開こうと訴えた。最後に関西の歌「常勝の空」を大合唱した。

同日午前には、「新時代 常勝大学校」第3期の修了式が関西池田記念会館で行われ、原田会長が激励した。

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください