• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

関西創価が全国高校駅伝へ

2018114

 

   大阪予選で悲願の初優勝

 

 男子第69回全国高等学校駅伝競走大会(全国高校駅伝)の大阪府予選が3日、府内の淀川河川敷コースで行わ

れ、関西創価高校(大阪・交野市)が出場。悲願の初優勝を果たし、12月23日に京都・都大路で開催される全

国高校駅伝への切符を手にした。

大阪府予選で一昨年は10位、昨年は5位と着実に実力を付けてきた関西創価。“今年こそは”と意気込んだチーム

は序盤から攻めの走りを見せた。

1区のエース・葛西潤選手(3年)が区間新記録を樹立する好走で、一気に流れを引き寄せる。そして、2区の中

島海陽選手(1年)、3区の本田晃士郎選手(3年)、4区の志村健太選手(2年)、5区の佐藤春輝選手(2

年)、6区の高辻正広選手(1年)がトップを譲らず、タスキリレーした。最後は、2位の強豪・関西大学北陽高

校が猛追する中、7区の岩崎大智選手(3年)が、わずか4秒差のデッドヒートを制し、ゴールテープを切った。

合計タイムは2時間11分28秒だった。

関西創価は大阪府代表として、師走の都大路を駆け抜ける。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください