• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

クエンカ・デル・プラタ大学が香峯子夫人に名誉教授称号

2018114

 

   クエンカ・デル・プラタ大学の名誉教授称号の証書が、

   グティエレス副総長(前列右から6人目)から香峯子夫人の

   代理の池田SGI副会長に手渡された

                 (アルゼンチン平和講堂で)

 

 「最高評議会の満場一致の決議により、わが大学は心からの敬意

をもって、香峯子夫人に名誉教授称号を授与します!」

10月31日午後(現地時間)、パトリシア・グティエレス副総長から代理の池田SGI副会長に証書が授与され

ると、盛大な拍手が会場に響き渡った。

クエンカ・デル・プラタ大学は、コリエンテス州、ミシオネス州、フォルモサ州などに九つのキャンパスをもつ名

門学府。アンヘル・エンリケ・ロドリゲス総長のもと、地域の発展に貢献する人材を育成する“人間教育の大城”と

て輝く。本年2月には、池田先生に「名誉博士号」を贈っている。

式典で副総長は、先生が平和・人権・正義のために戦い、創立した民音を通して文化交流を広げた功績を称賛。

そうした行動を支え、平和・文化・教育の価値を高めたことをたたえ、名誉教授称号を香峯子夫人に贈ることを決

定したと語った。

池田副会長は香峯子夫人への栄誉に深謝。アルゼンチンの人権の闘士であり、ノーベル平和賞受賞者のエスキベル

博士と池田先生が6月に発表した共同声明に触れつつ、これからも若き世界市民を育てゆく使命を果たしていきた

いと語った。

式典では、ミュージカル女優のカリーナ・カーさんが歌唱を披露。アルゼンチンSGI青年部の「池田バンガード・

オーケストラ」が演奏を行った。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください