• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

韓国 精神文化の中心地 慶尚北道安東市が池田先生ご夫妻を名誉市民に

2018年10月23日

 

 

          韓国・安東市からの名誉市民称号の授与式。

            参加者が同市のさらなる発展を願い、 

              献身を誓って

                     (安東文化会館で)

 

 

 韓国・慶尚北道の安東市から池田大作先生ご夫妻に「名誉市民」称号が贈られた。

先生が1960年、平和旅の第一歩をしるした10月2日「世界平和の日」を記念したものである。

授与された名誉市民牌には、「生命尊厳」と「人間主義」の理念に基づいた、池田先生ご夫妻の世界平和と日韓友

好への多大なる貢献に対する惜しみない賛辞が刻まれている。

授与式は17日、権寧世市長、鄭薫善市議会議長、同議会議員らを韓国SGI(創価学会インタナショナル)・安

東文化会館に迎え、盛大に挙行された。同SGIの金仁洙理事長、金暻希婦人部長、慶北第1方面のメンバーなど

500人が祝福。木蓮合唱団の歌声が式典に花を添えた。

◆◇◆

安東市は、“韓国精神文化の中心地”として名高い。「生きた民俗村」と呼ばれ、国連教育科学文化機関(ユネスコ)

の世界文化遺産にも登録された「河回マウル(村)」や、「東方の朱子」と敬愛された朱子学の大家・李退渓(李

滉)の徳をたたえる「陶山書院」など、数多くの文化財を保持し、美しい自然と歴史が薫る街である。

韓国SGIのメンバーは長年にわたり、この地を使命の舞台と定め、その発展に力を尽くしてきた。1997年に

は、同市の要請に応え、有志で国土大清掃運動を実施。同市における最大規模の環境浄化運動として話題を呼んだ。

また韓国の代表的な祝祭で、世界的な催しでもある「安東国際仮面舞フェスティバル」にも積極的に参加するなど、

同市の文化をもり立てる一助を担ってきたのである。

SGIの同志のこうした献身の姿を、権市長をはじめ市の関係者らは感嘆のまなざしで見つめてきた。SGIメン

バーの行動の原動力こそ池田先生ご夫妻の励ましであり、先生が示した「よき市民たれ」との指針であることを知

り、深い感銘を受けたという。

迎えた「名誉市民」称号の授与式で、権市長は、自らの真情を率直に述べた。

「仏法哲学者、平和建設者、教育実践家として、生涯にわたり、韓日友好と世界平和の道を広げてきた池田先生の

思想と行動は、全世界の人々が真に見習い、実践しなければなりません」

池田先生ご夫妻への名誉市民牌が、権市長から代理の金理事長と金婦人部長にそれぞれ託されると、会場は大きな

拍手に包まれた。

式典終了後、鄭議長は創価学会のさらなる発展を望みつつ、こう語った。「私はいつも池田先生の書籍をそばに置

いています。先生が伝える平和と幸福と希望のメッセージは市民だけでなく、世界の人々の力になります」

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください