• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈池田先生と共に 新時代を進む〉32

20181021

 

   君よ忘るな勝利の絆を

 

 若人の歌声が響くところ生命の躍動は広がる。私も、学会歌の

CDに耳を傾けない日は一日としてない。

先日の中国総会では、心凜々しき鳳雛たちが未来部歌「正義の走

者」をスクラム組んで歌ってくれた。

歌詞に刻んだ『走れメロス』の物語は、「友と友の間の信実は、

この世で一ばん誇るべき宝」と描いている。

それは、人の善意を信じられない悪王の心さえ変えた。

この最極の信実で結ばれ、正義を勝ち開きゆく奇跡の連帯が、創

価である。

心が通う人間主義の花の輪に皆が加わっていく時、平和の行進が始まる。

未来部の「E―1グランプリ」でも、メロスたちが登場し、語学を磨き世界市民の友情を育んでいる。何と楽しみ

な「正義の走者」の成長か!

 ― ◇ ― 

戸田先生は語られた。

「青年の一番の財産は信頼だよ」と。

信じ合える友がいる。友の信頼に応えゆく青春である。ここに無上の誇りがある。

釈尊は、善き友を持ち、善き友と進むことは、仏道の全てであると明かした。

錦秋の列島で、聡明な女子部の友が、希望と幸福の哲学を語る姿は清々しい。

各地の大学祭では、母校愛みなぎる学生部の俊英が友情の光彩を広げる。

そして、逆境もチャンスに変えゆく男子部の師子の陣列は、頼もしい限りだ。

今日(21日)は、敢闘精神に燃える関東で、全国男子部幹部会が行われる。

創価の若き人材群の拡大は、そのまま社会の希望と安全と活力の拡大である。

 ― ◇ ― 

日蓮大聖人は、「師子吼」の意義を「師弟共に唱うる所の音声なり」(御書748ページ)と教えてくださった。

「師弟不二」の心、「異体同心」の団結で、広宣流布を誓願して唱える題目こそが、最強無敵の師子吼なのである。

妙法と共に、師と共に、同志と共に――そう決めた生命には、恐れるものはない。

いかなる試練も、必ずや変毒為薬できる。ここにこそ、絶対勝利の絆があるのだ。

 ― ◇ ― 

我ら創価家族のスクラムの中心に輝くのは、太陽の婦人部の皆さん方である。

思えば、40年前の今日、東京・板橋での本部幹部会で、婦人部歌「母の曲」を贈らせていただいた。

「あの人照らせ この人も」との母たちの励ましの陽光あればこそ、学会は明るく温かい。

「ああ悲しみも いざ越えて」との母たちのけなげな祈りがあればこそ、広布は限りなく前進できる。

さあ創立の秋、学会歌を声高らかに轟かせながら、勇猛精進しよう!

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください