• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

ドイツで開催 世界最大の書籍の見本市 フランクフルト・ブックフェア 

   SGIが池田先生の著作など180点を展示

2018年10月18日

 

 

        10日から14日まで盛大に開催された

         「フランクフルト・ブックフェア」。

           期間中、出版業界の関係者や地元市民ら

             約30万人が来場した

 

 

 世界最大の書籍見本市「フランクフルト・ブックフェア」が10日

から14日まで、ドイツのフランクフルトで行われ、SGI(創価学会インタナショナル)が、池田大作先生の著

作など約180点の出版物を展示した。

500年以上の伝統を誇る同ブックフェアは、出版物の展示や版権交渉の場として世界的に注目されており、今年

は109カ国から約7500社が出展。初日には、ドイツのシュタインマイヤー大統領が訪れたほか、期間中、多

くの出版関係者や一般来場者が足を運び、盛況を博した。

SGIの専用ブースでは、ドイツを代表するヘルダー出版社から発刊された、池田先生と識者とのドイツ語版の対

談集をはじめ、イギリスの総合出版社I・B・トーリス社から発刊された英語版の対談集20冊や、各国語に翻訳

された「御書」を紹介。また、池田先生原作の絵本など、多彩な学会書籍が並び、反響を呼んだ。

「昨年、わが社から中国語・簡体字版の“池田・トインビー対談”を発刊することができ、大変誇りに思っています。

今回、他の対談集や『青春対話』に感銘を受けました。青年に寄り添い、正しい道を指し示す師匠の存在は、国や

文化を超えて必要だと確信しています」(中国・商務印書館の関係者)

「ギリシャ語の教師をしています。生徒たちを励ませる本を探そうと訪れたところ、池田SGI会長の言葉に出あ

い、感動しました。地元に戻ったら早速伝えたいと思います」(一般来場者)

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください