• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

各国で晴れやかに「10・2」記念の集い

2018年10月15日

   我ら世界広布の主役!

 

 

      広布の誓いを新たにしたスイスのリーダー研修会で、

        参加者が記念のカメラに

               (ミラノ池田平和文化会館で)

 

 

 「君は、世界の広宣流布の道を開くんだ」――戸田城聖先生の言葉を抱きしめ、池田先生が初の海外指導に出発

したのは、1960年10月2日のこと。この10・2「世界平和の日」を祝う集いが、各国で開催された。

 

 スイス創価学会(マラッツィ理事長、チャボルド婦人部長)のリーダー研修会は9月28~30日、イタリア・

ミラノ池田平和文化会館で行われた。

席上、新任人事が発表され、女子部長にアレクサンドラ・マサコ・ゴッサンスさんが就任。ゴッサンス女子部長は

拡大への清新な決意を述べた。またタカハシ欧州議長、プリチャード同女性部長らの担当で教学を研さん。異体同

心の団結、リーダーの役割、折伏精神について学び合った。

 

 南米ペルーの集いは9月20日、首都リマのペルー文化会館で。全国各地の会場にも中継され、1800人を超

える同志が集った。

会合では、マルティン・マルティネスさんが弘教と人材育成の取り組みを報告。マルレネ・カマスカさんは、リー

ダー率先で拡大に走る模様を語った。

ドゥラント婦人部長は、栄光の「11・18」を目指し、一人一人が壁を破る対話のドラマをと強調。アサト理事

長は、次代の主役の未来部に真心の励ましを送ろうと呼び掛けた。

 

 南米チリの集いは今月7日、首都サンティアゴのチリ文化会館で開かれた。

青年部の有志が「10・2」の意義を寸劇を交えて紹介。マリア・ビクトリア・コルメナレスさんが信心根本に職

場で勝利の実証を示した喜びを述べた。

イマイ理事長は、広宣流布の使命と師匠への感謝を胸に、共に前進しようと訴えた。

最後に、青年部が作成した新愛唱歌「変革の主体者」を決意を込めて合唱した。

 

 メキシコの勤行会は今月1日、メキシコ市のメキシコ会館で行われ、80人が集った。

オルダス理事長は、「世界広布を開いた池田先生の闘争を私たちが受け継ぐのは今」と力説。戸田先生が夢見たメ

キシコの天地で戦う誇りも高く、11月に各地で行われる青年大会に向けて拡大に挑んでいこうと望んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください