• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

創価栄光の集いへの池田先生のメッセージ

20181010

 

   地球社会に平和の連帯を

 

 創価大学の第48回「創大祭」、創価女子短期大学の第34回「白鳥祭」を記念する「創価栄光の集い」が6日、

創大池田記念講堂で開催された。ここでは、池田先生が寄せたメッセージを紹介する。

 

一、わが創大生、わが短大生、わが留学生の「英知と情熱と友情のステージ」、誠におめでとう! 陰の労苦をい

 とわず、無事故の運営を支えてくれている役員の皆さん方も、本当にありがとう!

 

一、本日(6日)は、中日友好協会の許金平副会長ご夫妻をはじめ海外からの先生方、また、日本の各界を代表さ

 れるご来賓の先生方、さらに常日頃から大学を守り支えてくださっている方々に、ご多忙のところ、ご臨席をい

 ただきました。創立者として、私からも心より御礼を申し上げます。

 今日は、誉れの”創大卒業生”でもある許金平副会長とご一緒に、若き創価の学友たちの輪に飛び込む思いで、三

 つのエールを送りたい。

 

一、第一に「真の友情こそ、平和の連帯の要なり」です。

 許副会長をはじめ中国からの第1紀の留学生の方々は、私にとって、まさしく周恩来総理よりお預かりした友好

 の使者の存在です。幾重にも思い出は尽きません。

 許副会長は、こう語られたことがあります。

 「私が青春時代に過ごした創価大学での経験から、『相互理解』と『信頼』という基礎の上に真の友情が芽生え

 ると確信します」

 なんとうれしい洞察でしょうか。国籍も、民族も、文明も超えて、若人が闊達に友情を結び合う広場こそ、平和

 のフォートレスたるわれら創価のキャンパスだからであります。

 私は、現代中国を代表する文豪で文化相を務められた王蒙先生と対談集を発刊しました。

 そこで語り合った宋の大詩人・蘇東破の一節があります。

 「至るところ、郷里となし 賢(けん)に事(つか)へて其仁(そのじん)を友とす」。すなわち、「どんな處

 にでも落ち付いて、おのが郷里となし、賢人を相手にして、その仁を友としやうと思つて居る」という言葉です。

 こうした息吹こそ、「永遠に開かん 平和の道を」と謳い上げる我ら創価の世界市民の心であると思うが、みん

 な、どうだろうか。(大拍手)

 創大は今、スーパーグローバル大学として、世界五大州の60カ国・地域に及ぶ200を超える大学と交流協定

 を結び、世界からの英才たちを迎えています。皆さんは、世界に開かれた真の友情を育てながら、地球社会に輝

 き光る「平和の連帯」を、一段と築き広げていってください。

 

学びは青年の特権

一、第二に「青春時代の学びこそ未来を作る力なり」と申し上げたい。

 私たちが敬愛してやまない、中国の周恩来総理が若き日に書き留められた言葉があります。

 「人の一生で最大の勉強時間は青年期にあり、ここで基礎を固めれば、将来は社会に役立つ人間となる」、そし

 て「勉強を持続して怠けなければ、我々の中から才徳兼備の人材が生まれる」と。

 ここに大中国の発展をけん引した一つの原動力を、私は見る思いがします。

 周総理が”戦友”と呼ばれた、夫人の鄧頴超先生も「青年の学習は、広く多方面に亘るべきで、周囲の友人、同志

 からも、学ぶべきです」

 本日、皆さんを温かく見守ってくださっている各界のトップの先生方も、尊き学びの青春を送り、深き信頼を築

 きながら、新時代を勇敢に勝ち開いてこられた指導者であります。

 学ぶことは青年の特権です。学んだ分だけ、未来を想像できる。創造性あふれる創大生、短大生の活躍を、私は

 何よりうれしく見つめています。

 先般も、経済学検定試験の大学対抗戦で、創大が12度目の日本一を勝ち取ってくれました。その強さの秘訣は

 「互いに学び合い、教え合う気風」であると頼もしく聞きました。

 どうか、この創価の学びのチームワークで新たな価値の創造に、いやまして挑んでいってください。

 

誓いの青春道を

一、第三に「人間革命の世紀を照らす誓いの勝利者たれ」と申し上げたい。

 今日は、インドの名門・デリー大学より、レニッシュ・アブラハム博士をお迎えしました。また、同大学の教員

 で創大卒業生である寺本羽衣さんも同席してくれています。よくぞ、母校に凱旋してくれました。(大拍手)

 私は、ライフワークである小説『新・人間革命』でも「創価大学」をはじめ「創価教育」を、わが人生のかけが

 えのない誇りとして書きつづってきました。全30巻の最終章は、皆さんへの万感の期待を込めて「誓願」の章

 としました。

 非暴力の大英雄マハトマ・ガンジーは「誓いを立てる」ことは「強さの証拠」と強調されました。そして「誓願」

 とは「思いにおいても、言葉においてもまた行為においても、その成就を目指して、不断の誠実な努力をする」

 ことであると示されております。

 偉大な誓願に生きゆく若き生命は、まさに偉大な力を発揮できるのであります。さあ、本日からまた一人一人が、

 「誓いの青春 誉れあり!」と胸を張り、人間革命の世紀を赫々と照らしていこうではありませんか!

 これからも、私は、無上の宝であり、無限の希望である皆さんの健康と無事故、成長と勝利を祈り、見守ってい

 きます。

 わが創大生、わが短大生、わが留学生に、今日も、そして明日も、栄光あれ! 幸福あれ! 凱歌あれ!

 (大拍手)

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください