• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

本部幹部会・中国総会への池田先生のメッセージ

2018108

 

   地涌の後継を大銀河の如く!

   強くあれ! 「最後の勝利」へ進め

   妙法を弘める人の位こそ最も尊貴

 

           友情を結ぶ対話に励んできた女子部の友。

             師弟に生きる喜びに、

               笑顔の花が凜と咲く

                 (広島池田平和記念会館で)

 

一、小説『新・人間革命』の完結に当たり、応援してくださった

 全国、全世界の宝友に、心より感謝申し上げます。

 執筆の開始は、25年前の8月6日、広島の「原爆の日」であり、連載の終了は、恩師・戸田城聖先生の「原水

 爆禁止宣言」から61年の9月8日となりました。『新・人間革命』は、広島そして大中国の同志と一緒に道を

 開き、つづり残す「平和への共戦譜」なりと、私は思い定めてきました。

 今日も、私の心は縁深き中国家族のもとへ飛び、共々に大好きな「地涌の讃歌」を歌いながら、「人間革命」即

 「世界平和」へ新たな船出をしゆく思いで、全てを見守っております。

 3カ月前の西日本豪雨の甚大な被災から復興に挑み、さらにまた、台風にも負けず、不撓不屈の祈りと行動で、

 そして世界一の異体同心の団結で、見事に大拡大を勝ち飾った、虹かかる中国総会、ならびに本部幹部会、誠に

 おめでとう!

 広島、岡山、山口、鳥取、島根の皆さん、本当にご苦労さまです!

 尊き研修で来日されたブラジル、香港、タイ、マレーシア、韓国の皆さん、本当にようこそお越しくださいまし

 た。

 御書には「雨ふり・かぜ(風)ふき・人のせい(制)するにこそ心ざしはあらわれ候へ」(1548ページ)と

 仰せです。御本仏・日蓮大聖人は、皆さん方の「まこと」の信心の心ざしを、いかばかりご賞讃でありましょう

 か。

 「嵐も吹雪も いざや征け」とは、岡山で誕生した「正義の走者」の一節です。誇りも高き我ら創価家族の行進

 を、大拍手で讃え合おうではありませんか!(大拍手)

 

一、先般、アメリカ青年部は「正義の師子」を合言葉に、5万人の大連帯で新しい歴史を創り開いてくれました。

 思えば、私が中国の同志に一貫して訴えてきたことがあります。それは「師子の中国たれ」ということです。

 広島の平和記念会館を初訪問した1989年(平成元年)10月、私は「中国は強くあれ!」と訴え、百獣の王・

 師子が何ものをも恐れないように、大中国は「悪と戦う勇気」「仏子を守りゆく勇気」そして「人生の苦難に負

 けない勇気」を持て! と望みました。

 以来、30星霜――。信義にあつき大中国の同志は、私との約束通り、まさしく「勇気の師子」の人材城を築き

 上げてくれました。これほどうれしく、これほど頼もしいことはありません。

 打ち続く圧迫や災害にも、「師子」の勇気と団結で、一切を勝ち切っていくのが、わが誉れの大中国です。みん

 な、本当にありがとう!

 

宿命を使命に

一、あの忘れ得ぬ山口開拓指導で、私たちが拝した御聖訓があります。山光(鳥取・島根)ゆかりの富木常忍に与

 えられた「四信五品抄」の一節です。

 「南無妙法蓮華経と唱える、わが弟子の位は、諸宗の元祖よりも勝れること、百千万億倍なり。国中の諸人よ、

 わが末弟たちを軽んずることなかれ」「蔑如することなかれ。蔑如することなかれ」(御書342ページ、趣意)

 との仰せです。

 当時は皆、貧しかった。交通費の工面もどれほど大変だったことか。しかし、「師子王の心」で妙法を弘めゆく

 我らこそ、最も尊貴な生命の位にあることを、皆が希望と自信と誇りをもって自覚したのです。地涌の歓喜がは

 じけました。

 「誓願」の題目の師子吼を唱えるならば、どんな困難も、自ら願った試練として受けて立ち、必ず乗り越えられ

 る。いな断固と勝ち越え、「宿命」を「使命」に転ずるのだ。そして、あの友にも、この友にも幸の花を咲かせ、

 愛する故郷から平和の楽土を広げゆくのだと、陽出ずる中国を走りに走ったのです。

 私の胸には、あまりにも健気な、中国広布の父母たちの顔が浮かんできます。

 その一人で、半世紀前、土砂災害の救出作業の最中に、泥の濁流にのみ込まれ、九死に一生を得た丈夫がいます。

 重い障がいが残りましたが、殉難した同志の分も広布のためにと、立ち上がりました。苦境の連続だった会社の

 経営も打開し、今、仏法即社会の世雄(勝利の英雄)として、堂々たる実証を示しています。

 人間革命とは、「師子王の心」を取り出して戦い抜くことに他なりません。

 心通う誠実な中国の友どちと語り合ってきた戸田先生のご指導があります。

 「広宣流布は長い。一生の戦いである。いな永遠の戦いである。たとえ苦闘の嵐があっても、断じて負けるな!

 最終章の大勝利を確信して進むのだ」と。

 何があっても明るく朗らかに励まし合い、途中はどうあれ、最後は絶対に勝つ。この不退の勇気で一つ一つ変毒

 為薬し、勝ち進んでいこうではありませんか!

 

婦女の麗しき連帯

一、華陽の女子部の皆さん、笑顔もうれしい新出発、本当におめでとう!(大拍手)

 今月、広島で開幕する「わたしと宇宙展」の展示に、「子持ち銀河」と呼ばれる天体写真があります。大小二つ

の美しい銀河の渦が、仲の良い母と娘が手と手を結ぶように寄り添い、そこから無数の星々を生み出しているので

す。まるで、婦人部と女子部の麗しいスクラムにも相通ずるようです。

わが学会は、たゆみない広布の大回転の渦から、地涌の人材群を、きら星の如く輝かせゆく大銀河であります。

明るくにぎやかに「歓喜の中の大歓喜」の題目を轟かせながら、青年部、未来部の凜々しき「正義の走者」たちを、

さらに陸続と誕生させよう!

そして、大いなる「人間革命」の平和と勝利の光で、地球を赫々と包みゆこうではないか! と申し上げ、私のメッ

セージといたします。

愛する大中国、万歳!

愛する全同志、万歳!

風邪など、ひかれませんように!(大拍手)

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください