• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

創価学園で「情熱の日」記念集会

2018年10月5日

 

   創立者がメッセージ 誓いの道で勝利の旗を

 

 

         創立者の期待を胸に、

           成長の節を刻む東京・創価学園の友。

             次代を担いゆく誓いが会場に響き渡る

           (小平市の創価学園・池田中央体育館で)

 

 創価学園の10・10「情熱の日」を記念する集会が4日、東京と

関西の各キャンパスを映像と音声で結び、開かれた。創立者の池田大作先生は万感のメッセージを贈り、一人一人

がそれぞれの誓いの道で「勝利の旗」を掲げることこそ、地球の未来を照らす希望の光であると強調。これからも

共に「勇気の太陽」を輝かせようと呼び掛けた。また同日、北海道・札幌創価幼稚園でも記念の集いが行われた。

文化、芸術、スポーツ……。秋にはさまざまな冠がある。蒸し暑い夏から過ごしやすい気候へと変わる秋は、物事

に集中して取り組みやすい季節だろう。

そんな秋に、学園生が挑戦の汗を流す絶好の機会となるのが「情熱の日」の記念行事である。毎年、札幌創価幼稚

園と東京創価小学校は運動会、創価中学校・高校は学園祭、関西創価小学校・中学校・高校は競技大会を開催。

そして東西のキャンパスを中継で結んでの記念の集いに参加することが、学園の良き伝統である。

この日を目指し、一人一人が勉学や読書、クラブ活動などに全力で励んだ。演目や各種競技の練習、模擬店や校内

の装飾といった準備に当たった。

そして迎えた記念の集い。東西各校で先日行われた運動会、学園祭、競技大会の模様が上映された。映し出される

青春の一こま一こまを、瞳を輝かせて視聴。時に歓声が上がり、互いの努力をたたえて拍手が起こった。

続いて、各校の児童・生徒が「情熱の日」に向けたそれぞれの取り組みを報告した。

関西創価小学校の児童は、「勝利の旗チャレンジ」と題して、自宅学習や登下校のマナーの向上などに努力した様

子をアピール。愛唱歌「希望の朝」を合唱した。東京創価小学校の児童は、「明るい子」「思いやりのある子」

「ねばり強い子」を目指し、挑戦を重ねた模様を発表した。

関西創価中学校・高校の生徒は、創立者への報恩感謝の心を込めて、記念歌「連帯ここに」を熱唱。創価中学校・

高校の生徒は、校歌「草木は萌ゆる」の合唱に未来を担いゆく決意を託した。

原田学園理事長は創立者のメッセージを紹介。さまざまな困難にも一歩も引かず、友と力を合わせて挑んだこと自

体が勝利と述べ、さらなる努力の日々をと期待を寄せた。

式典の終盤には、各校の児童・生徒の躍動の姿を見守っていた創立者から、感動的な伝言が届いた。

「学園生、みんな、元気だね。うれしいね」

創立者の慈愛に触れて、頬を紅潮させる学園生たち。最後に、さらなる飛躍を誓い、全員で学園愛唱歌「負けじ魂

ここにあり」を高らかに歌った。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください