• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

一家和楽の信心で弘教を拡大

2018103

 

 『大地はささばはづるるとも虚空をつなぐ者はありとも・潮のみちひぬ事はありとも

  日は西より出づるとも・法華経の行者の祈りのかなはぬ事はあるべからず

(祈禱抄、1351ページ)

 

(通解)

大地をさして外れることがあっても、大空をつなぐ者があっても、潮の満ち干がなく

なっても、日が西から出ることがあっても、法華経の行者の祈りのかなわないことは

絶対にない。 

 

法華経の行者の祈りは必ずかなうと仰せです。

1985年(昭和60年)、池田先生が出席された四国研修道場での会合に参加し、

“広布に生き抜こう”と誓う原点を刻みました。

地区婦人部長時代、子育てに悩んでいた私は、先輩方の激励に奮起。誓願の題目に挑

戦する中、息子も良き先輩に恵まれ学会活動に参加するように。祖父の代から続く家

業を継いで、成長する息子の姿に触れ、信心の確信を得ました。

以来、家族で懸命に折伏に挑み、営業不振も真剣な唱題で乗り越えてきました。学会

創立85周年の時には、それまで信心に無理解だった親戚が、家族そろって晴れて入

会。本年の教学部任用試験には、未入会のいとこ4人が合格するなど、家族皆で仏法

を語り弘めることが何よりの喜びです。

広宣流布大誓堂完成5周年の本年、香川牧口太陽県は異体同心の団結で、師恩に報い

るために大前進してまいります。

 
香川牧口太陽県婦人部長 石山香代子

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください