• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

女子部、女子未来部が新体制

2018102

 

伊藤総合女子部長 大串女子部長 千尋書記長 

山口白蓮G委員長 栗原教学部長 先﨑女子未来部長が誕生

 

 東京・信濃町の創価女子会館に設置されている池田先生直

歌詞を刻んだ女子部歌「青春桜」の歌碑と、先生ご夫妻

の「碑文」。

女子部の新出発となる本年は「青春桜」の誕生40周年。

友は歌声高らかに師弟共戦を誓う

 

 新時代の「希望の門」を開く女子部が新たな体制で出発!

このほど、本部人事委員会で検討・決定した新任人事が発表され(別掲)、女子部長に大串博子さん、書記長に千

尋尊子さんが就任。伊藤樹美さんは総合女子部長、清水優子さんはSGI(創価学会インタナショナル)総合女子

部長に就いた。

さらに、各種グループにも気鋭のリーダーが誕生。

白蓮グループでは、委員長に山口華さん、書記長に山形弘子さんが、女子部教学室では、総合教学部長に熊本佳子

さん、教学部長に栗原幸子さん、事務局長に先﨑貴子さんが任命された。

女子未来部も新たにスタートを切り、女子総合未来部長に山本幸恵さん、女子未来部長に先﨑和美さん(女子高等

部長兼任)、女子未来部書記長に清水舞さんが就任。

また、総東京女子部長に横井智沙加さん(東京〈23区〉女子部長兼任)が就いた。

池田大作先生はかつて、女子部への限りない期待を込め、こうつづった。

「乙女たちの朗らかな声は、皆の生命を蘇らせる希望の暁鐘だ。乙女たちの真摯な研鑽は、社会に哲学の大光を贈

る福智の太陽だ。そして、乙女たちの賑やかなスクラムは、世界へ未来へ、幸の華を広げゆく平和の大地なのだ」

――と。

大串女子部長、千尋書記長は固く誓う。

「御聖訓『女子は門をひらく』(御書1566ページ)を胸に、創立90周年へ、師弟勝利の新たな歴史を開く決

意です。全国・全世界の華陽姉妹のスクラム固く、希望と歓喜の花を爛漫と咲き薫らせてまいります!」

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください