• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈虹を懸ける〉 池田先生とスコットランド②=完

2018930

 

   「人間の王者」の人生を

 

      「いつまでも、お元気で。いつまでも、

        お幸せに。ご長寿を」

        「皆さんに、栄光あれ! 

          勝利あれ! 幸福あれ!」――

           スコットランドの友に語り掛ける池田先生

                  (1994年6月14日)

 

 多くのスコットランドのSGIメンバーにとって忘れられない

池田先生との原点――それは、先生のスコットランド訪問2日目

(1994年6月14日)、グラスゴーのボタニック・ガーデン

(植物園)で行われた記念撮影である。

前日13日の夜に撮影が決まると、瞬く間にメンバーに連絡が伝わり、当日は60人余が喜々として集った。

14日午後5時、先生がボタニック・ガーデンに到着すると、友の間から大歓声が湧き上がった。

当時、スコットランドの中心者だったアケミ・ポーチャスさん(方面総合婦人部長)は振り返る。

「その時、不思議にも、雲の間から太陽が顔を出し、スポットライトに照らされるように、私たちのいる場所が明

るく温かな光に包まれました」

先生は、空を指さしながら言った。「勝利の空です。皆さんのようです。『スコットランドを見よ』です」

先生は、両手を大きく広げて”勝利のVサイン”をつくり。こう呼び掛けた。

「人間の王者として生きましょう!」

 

師と同じように

人間の王者――スコットランドの国民詩人ロバート・バーンズの作品に登場する言葉でもある。

バーンズはつづっている。「人間は、人間である。位や、肩書や、富など、見せかけだけの飾りではないか! 誠

実な人間こそが、人間の王者なのだ!」

記念撮影はわずか20分間。だが、スコットランドの友は、この時に結んだ先生との心の絆を胸に、誠実な振る舞

いで広布と人生の苦難を乗り越えてきた。

シーラ・パシフィコさん(婦人部総合本部長)もその一人。

パシフィコさんが仏法を知ったのは、家族や友人との人間関係で悩んでいた10代の頃だった。

友人から誘われ、SGIの会合に参加して以来、唱題を実践。信仰の力を感じたパシフィコさんは、自ら進んで入

会した。

その後、ボタニック・ガーデンでの記念撮影のほか、南フランスの欧州研修道場での研修会(83年)など、先生と

の出会いを支えに、一つ一つの悩みに打ち勝ってきた。

最大の苦難に襲われたのは2002年。最愛の夫の死など、身近な人の不幸が重なった。

長男はまだ15歳。生活を支えるため、パシフィコさんは必死に働いた。一方で、御本尊の前に座ると、涙が止ま

らないこともあった。

ある日、パシフィコさんは、小説『人間革命』を読み、池田先生の青年時代の苦闘を知った。

さらに事業が苦境に陥った恩師・戸田先生を支えた若き日以来、どんなに大変な状況の中でも、池田先生は会員一

人一人に渾身の激励をしていたのだと気付いた。

「自分の悩みが小さく思えました。私も困難に負けず、自身の人生を人のために使おうと誓いました」

そう心が定まると、心ゆくまで題目をあげられるようになり、物事を前向きに捉えられるようになった。

現在は転職し、グラスゴー市内の病院で、子どもちの心のケアに携わるパシフィコさん。今日も同苦の心で、子ど

もたちに寄り添い続けている。

 

未来を担い立つ 

先生は記念撮影の場で、一人一人の友に声を掛け、激励した。

最前列にいたのは、未来部員ら。先生は腰をかがめ、目線を合わせて「21世紀を、よろしくお願いします!」と

握手を交わした。

この時の友の多くが現在、広布のリーダーとして活躍している。

マイケル・トレヴェットさん(男子地区リーダー)は当時、生後1歳10ヵ月。信心強盛な両親に抱かれて参加した。

両親の姿を見ていたものの、トレヴェットさん自身は、信心にそれほど興味を持てずにいた。

変化が訪れたのは、進路に迷った16歳のころ。自発的に題目をあげ始め、18歳の時に、自分の御本尊を受持

した。

トレヴェットさんは当時を振り返る。

「周囲と比べては焦り、苛立つことが多い性格でした。しかし、題目を実践するうちに、何事にも振り回されない

自分に成長したいと思うようになりました」

その後、大学に進学。

勉強と学会活動に全力で取り組み、イギリスを代表する企業への就職を勝ち取った。

現在、職場やSGIの組織で、リーダーシップを発揮するトレヴェットさん。

そんな姿に触れ、これまでに2人の友人が入会した。「信心が教えているのは、どんな環境にあっても、そこから

逃げずに、価値を生み出す大切さだと思います。先生の期待を胸に、21世紀の広布を担っていきます!」

 

勇気の信心で

現在、スコットランド方面の婦人部長を務めるダイアン・リングさん。

ボタニック・ガーデンでの記念撮影の場に居合わせた。

高校時代から医療の道を志していたリングさん。卒業後、メンタルヘルスの患者に関わる看護師になった。

メンタルヘルスが不調になる要因は、家庭や職場など患者を取り巻く環境によってさまざまだ。また、患者の病状

もそれぞれ異なり、常に変化していく。

リングさんは、そんな仕事に強いストレスを感じていたが、周囲に自分の気持ちを伝える勇気が出ない。子育ての

苦労も重なり、リングさん自身も体調を崩しがちになった。

1990年の入会から4年。勤行を実践してはいたものの、信心で状況が変わることが心から信じられず、悶々と

していた。

そんな中での池田先生との出会い。

「先生は、私たちが御本尊を信じ、幸福な人生を送るよう励ましてくださいました。私は、もう一度、真剣に題目

をあげ、目の前の悩みに打ち勝とうと決意できました」

祈る中で、生命力がふつふつと湧いてくるのが分かった。自分の悩みを周囲に伝えることもでき、状況は劇的に変

わった。

リングさんは、現実を変革する信仰の力を実感することができた。

その後、リングさんは転職。自身の経験を活かし、職場における健康を専門とする看護師として定年まで働いた。

「行き詰まりを打破するのは、勇気の信心です。この確信を、スコットランド中の人々に伝えていきたい」

   ◇記念撮影の翌15日、先生は15世紀以来の伝統を誇るグラスゴー大学から名誉博士号を受賞した。

この6月15日は、後にSGIの「スコットランドの日」に制定されている。

先生がスコットランドを出発したのは、名誉博士号の授与式の翌16日だった。

友は見送りに駆け付け、スコットランドの民謡を歌った。

先生は「ありがとう。いい歌だね」と。到着の時と同じように、再び同志と握手を交わし、語った。

「本当にありがとう。皆さんのことは一生、忘れません」

「私は皆さんを、たたえます。これからも仲良く、第一にも第二にも仲良く生き抜いてください」

「お幸せに。お体を大切に。いつも皆さんのことを祈ります」

先生が出発した後、空に大きな虹が懸った。

それは、「人間の王者」として歩み抜く友と、スコットランドの未来を祝福するかのようだった。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください