• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

創価学会代表訪中団 4都市で心と心の交流

2018年9月29日

 

   天津、大連、上海、広州・佛山を舞台に

 

【天津 谷川団長、永石副団長が周恩来鄧穎超記念館へ】

 

 池田先生が鄧穎超夫人に贈った周恩来総理夫妻の肖像画の前で、

王起宝館長(右から4人目)、王緒周元館長(左から4人目)ら

と谷川団長、永石副団長ら一行が記念のカメラに

              (天津市の周恩来鄧穎超記念館で)

 

 

 新たな「金の橋」を築く友好交流は次の舞台へ――。

北京での諸行事を大成功で終えた創価学会代表訪中団は27日、天津、大連、上海、広州・佛山に分かれて交流行

事に臨んだ。

 

【天津】

 団長の谷川主任副会長、副団長の永石婦人部長ら代表は27日

午前(現地時間)、天津市の周恩来鄧穎超記念館を訪問。

王起宝館長、王緒周元館長らの歓迎を受けた。

谷川団長は、青年部や婦人部などの訪中団を同館が受け入れてき

た厚情に感謝。王館長は「周総理は生前、池田先生と創価学会を

重視していました。その遺志を継いで、当館は創価学会との交流

を一層発展させたい」と強く語った。

このあと一行は、写真パネル、直筆書簡や使用していた時計など、

貴重な資料で「人民の総理」の生涯をたどる展示を、丹念に見学

した。

総理夫妻の自宅「西花庁」を忠実に再現した建物には、1枚の絵が飾られていた。かつて池田先生が鄧頴超夫人に

贈った夫妻の肖像画である。「鄧頴超夫人はこの絵をとても気に入っていました」との説明を受けつつ、一行は友

好の魂を受け継ぐ誓いを新たにした。

次いで一行は、南開大学の紀亜光教授をはじめ、「周恩来・池田大作研究会」の指導教授の代表と天津市内で親し

く懇談した。

 

【大連】

杉山副会長を分団長とする大連分団は同日午後、大連市の大連芸術学院へ。

到着すると、正門の左にある「池田大作桜花園」の前で学生70人の歓迎を受けた。

また別会場では、音楽学部長の高大林氏の指揮で、学内の管弦楽団と合唱団による創作オペラ「桜の魂」の1楽章

などが披露された。このオペラは、池田先生の日中友好の精神が表現されており、同学院創立者の王賢俊理事長を

中心に創作されたもの。優雅な調べに万雷の拍手が送られた。

次いで「池田思想読書会」に所属する学生らの案内で、学内の常設展示「池田大作と中国 展覧室」を見学。

池田先生の思想と平和行動の軌跡を日本語で詳細に話す読書会のメンバーの姿に、喜びと感動が広がった。

この読書会は、日本語学科の学生の有志が所属し、先生の書籍の研さんや詩の朗読などを行う。

メンバーである李永鳳さんは「人類の平和のために日中友好が大切であると池田先生の思想を学び、その力になり

たくて日本語の習得に励んでいます」と語った。

また、杉山文団長は王理事長、張小梅副院長、金俊教副院長と会談。王理事長は「今後も相互交流を重ね、新たな

歴史を築きたい」と望んだ。

 

【広州・佛山】

 山内関西長を分断長とする一行は同日、広州市を経て、佛山市へ。

佛山科学技術学院での交流会に出席した。同学院は「明徳博学自強有為(優れた徳をもって博く学び、たゆまず行

動する)」との校訓を掲げ、池田思想の研究も盛んに進められている。

曾浄党委書記、同学院池田大作思想研究所の万偉成所長らが出席した歓迎セレモニーでは、曾党委書記が「学会の

訪中団を迎えられ、大変うれしい」とあいさつ。池田先生が示した通り、国境を越えた教育の交流こそが時代を開

くカギであると強く訴えた。

山内分団長は、「徳」を重視する同学院の教育理念は創価大学の人間教育と響きあうと強調。池田思想を知り、”同

志”として手を携え、日中の交流をさらに活発化させていきたいと述べた。

同学院の学生らが歓迎の意を込めて、カンフーのパフォーマンスや中国の伝統舞踊などを実演。分団メンバーが

「桜花縁」を合唱し、阿波踊りを披露すると、学生たちも自然と加わり、会場は熱気に包まれた。

学生を交えた懇談会も開催された。

 

【上海】

 日下北海道長を分団長とする一行は同日、人民広場南側に位置する上海市の上海博物館を訪れた。

同館は、中国四大博物館の一つ。約12万点の文物を所蔵し、中国の古代美術をテーマに沿って展示している。

鑑賞した団員は「貴重な文化財を目にすることで悠久の歴史に触れ、一層、中国への見識と尊敬が深まりました」

等と語った。

さらに一行は、上海タワーを見学した。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください