• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈御書と歩むⅡ――池田先生が贈る指針〉36

2018929

 

 『仏になる法華経を耳にふれぬれば是を種として必ず仏になるなり

 (法華初心成仏抄、552ページ)

 

(通解)

仏になる法華経を耳に触れさせるならば、これを種として必ず仏になる。

 

折伏とは勇気の拡大

 

同志への指針

日蓮仏法は「下種仏法」である。衆生の生命に「仏の種」を下ろすのだ。相手が

ぐに発心しなくとも、必ず花開く時が来る。その時を呼び寄せるのが、祈りの力

である。

誠意と確信を込めて語った分、その声が種となって仏縁が結ばれ、福徳が広がる。

信頼が生まれ、信用が残る。

ゆえに今日も、勇気凜々と対話へ打って出て、友の心の大地に幸の種を蒔こう!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください