• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

原田会長はじめ創価学会代表訪中団 

 中国 王岐山国家副主席と会見 北京・中南海

2018926

 

【北京】

 創価学会代表訪中団の原田会長、谷川主任副会長、永石婦人部長ら代表は25日午前9時20分(現地時間)か

約50分、王岐山国家副主席と北京の中南海で会見した。

王副主席は70歳。北京市長、副総理等を歴任し、昨年まで、中国共産党の最高指導部である中央政治局常務委員。

本年3月に現職に就任した。

会見で王副主席は、創価学会の訪中団を、中国政府を代表して心より歓迎するとあいさつ。今年は中日の平和友好

条約締結40周年とともに、池田名誉会長の国交正常化提言から50周年であり、今回の訪中団には重要な意義が

あると述べた。

原田会長が、王副主席の歓迎に感謝する池田先生からの言葉を伝えると、王副主席は、90歳になる名誉会長のま

すますの健勝をお祈りすると伝えていただきたい、と応じた。また学会が、初心を忘れず、友好の信念と行動を貫

いていることを評価。今日、国交正常化提言の遠見が証明されたと語った。

会見には李小林中国人民対外友好協会会長、陳暁東外交部部長補佐、宋敬武同協会副会長、在中国日本大使館の四

方敬之次席公使らが同席した。

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください