• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

創価学会代表訪中団 北京に安着、歓迎受ける

2018925

 

【北京】

 創価学会代表訪中団(総団長=原田会長、団長=谷川主任副会長、副団長=永石婦人部長)の一行117人が

24日、快晴の北京首都国際空港に安着した。中国人民対外友好協会、中日友好協会の招へいによる同訪中団は

北京、天津、大連、上海、広州で交流行事に臨む。

空港では、原田会長らを、中日友好協会の朱丹副秘書長、張振興政治交流部部長らが歓迎。「中秋の名月という

特別な日に、素晴らしい晴天の北京に皆さまを迎えることができ、うれしい」と喜ぶ朱副秘書長に、原田会長は、

訪中団が各県のリーダーで構成されることを紹介。訪問を通じ、池田先生の築いた友好の「金の橋」を固め、さ

らに広げていきたいと応じた。

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください