• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

“平和の光”を送る人生を

2018919

 

 『頭をふればかみゆるぐ心はたらけば身うごく、大風吹けば草木しづか

  ならず・大地うごけば大海さはがし、教主釈尊をうごかし奉れば・

  ゆるがぬ草木やあるべき

女造立釈迦仏供養事、1187ページ)

 

(通解)

頭を振れば髪が揺らぐ。心が働けば身体が動く。大風が吹けば草木も揺れる。大地

が動けば大海も荒れる。同じように教主釈尊を動かせば揺るがぬ草木があるだろう

か。

 

 強い一念で御本尊に祈れば、諸天善神が必ず動くとの仰せです。

1970年(昭和45年)、関西未来会の結成の折、池田先生にお会いし、生涯不

退転を誓ったことが原点です。創価女子高校(当時)時代には、「蛍のように“平和

の光”を送る人生を」と心に期しました。

12年前、夫が心の病に。病状が一進一退を繰り返すうちに自分の中で“諦めの心”

が出てきました。この御文を拝し、“全てを揺り動かす強き祈りを”と決意。多くの方

にも支えられ、本年、夫は再就職を果たしました。悩んで祈った分だけ、人の心に寄

り添える自身に成長できたことに感謝しています。

一昨年、桜本陣区の日である「1・20」に先生・奥さまを地元の埼玉文化会館にお

迎えできたことは最大の喜びです。これからも感謝の思いを胸に、一人一人を大切に

する実践で、「愛する埼玉」と呼び掛けてくださった師匠に勝利の結果をお届けして

まいります。

さいたま市特別区婦人部書記長 大滝裕子

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください