• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

「7色に輝く女性展」が創価世界女性会館で開幕

2018年9月12日

 

7人の女性に学ぶ“希望の人生”

No Rain No Rainbow 雨が降るから虹がかかる(ハワイのことわざ)

~今はつらくても素晴らしい明日が待っている~

 

 

  「7色に輝く女性展」の開幕式。

    NPO法人「杉原千畝命のビザ」の

     杉原美智顧問(右から2人目)、

      東京富士大学の二上映子理事長(同3人目)、

       アジア婦人友好会の中曽根真理子副会長(同4人目)

        らがテープカット

                    (創価世界女性会館で)

 

 

 創価学会婦人部主催の展示「No Rain No Rainbow 7色に輝く女性展」の開幕式が9日、

東京・信濃町の総本部にある創価世界女性会館で晴れやかに行われた。開催は今月30日まで。

同展は、世界の偉人とたたえられる7人の女性――ナイチンゲール、マリー・キュリー、作家モンゴメリ、ヘレ

ン・ケラー、アンネ・フランク、ローザ・パークス、ワンガリ・マータイの各氏の生涯に光をあてた企画展。

ナイチンゲールの自筆絵はがきやヘレン・ケラーの自筆署名入りの詩集、肖像写真など貴重な資料を公開している。

また、池田先生とローザ・パークス氏、ワンガリ・マータイ氏との心温まる交流を、写真パネルで紹介。世界の識

者と対話の橋を架けてきた池田先生の軌跡を知ることができる。

展示タイトル「No Rain No Rainbow」は、「雨が降るから虹がかかる」とのハワイのことわざ。

人生の苦難の「雨」に打ち勝ち、勝利の「虹」を架けた彼女たちの姿から、希望と勇気の人生を学びたいとの思い

が込められている。

開幕式では、主催者を代表して永石婦人部長があいさつ。

来賓の東京富士大学の二上映子理事長は「池田先生は、日蓮大聖人の『女子は門をひらく』との言葉を通し、女性

は『希望の門』を開き、『常勝の門』を開く存在であると語られています。心から共感します。この展示を通し、

一人でも多くの女性が、平和の世紀へ、正義の信念を貫く、力強い前進を開始されることを期待します」と祝辞を

寄せた。

最後に長谷川理事長が祝福した。

 【開催案内】同会館での観賞は、日時指定の見学整理券が必要です。

 ※モンゴメリ、ヘレン・ケラーの写真は時事提供。マリー・キュリー、アンネ・フランクはAFP=時事提供。

  ナイチンゲールはGRANGER.COM/アフロ提供。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント一覧

返信2018年9月18日 7:27 AM

小久保妙子24/

地域の先輩婦人がご友人と参加された事、また、友人のFacebookを見て、それだけでも素晴らしい内容だと感じました。 内外問わず、もっともっとPRしていただき、より多くの方に見ていただけたら反響はより大きいのでは、と少し残念に思います。 是非、日数や開催地域も増やして再展示を強く希望します。

    返信2018年9月18日 5:49 PM

    kenちゃん24/

    小久保妙子さま コメントありがとうございます。 素晴らしい展示会のようですね。 地方にいたら、なかなか参加できず残念です。 私も、多くの地域での開催を希望します。           兵庫・西宮市  大塚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください