• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈小説「新・人間革命」完結 記念特集〉㊥ 

 

小説をめぐって

2018912

 

         アメリカ・エマソン協会の

          サーラ・ワイダー元会長㊨と

            語らう池田先生ご夫妻

       (2006年7月、東京・八王子市の創価大学で)

 

 民衆勝利の大叙事詩である小説『人間革命』『新・人間革命』、

世界にも大きな感動を広げている。ここでは、『人間革命』『新・

人間革命』をめぐり、テーマごとにまとめた。

 

各界のリーダーが愛読

小説『人間革命』『新・人間革命』は、世界の識者や各界のリーダーが称賛してきた作品である。

中国・冰心文学館の王炳根前館長は『新・人間革命』を愛読書に挙げ、「(池田先生は)塗炭の苦しみに沈む庶民

に多くの光を灯してこられました」と強調する。

アメリカ・エマソン協会のワイダー元会長は「人間と人間の交流のドラマをつづった小説」と評価し、世界詩歌協

会のパドマナーバン名誉会長(インド)は、先生の執筆活動を「人類愛、平和、発展という、人間にとっての精神

的変革を世界的規模で促してきた偉大な功績」とたたえる。

また、同志社大学の杉江雅彦名誉教授は、「小説『人間革命』を初めて読んだ時に最も感動したのは、学会の三代

会長に流れる”師弟のきずな”の強さだった」と感想を。東京大学大学院の市川裕教授は、「『新・人間革命』を読

みながら、学会の未来を受け継ぐ若い青年の皆さんこそ、この本を徹して学んでほしいとの思いを強くした」と述

べている。

 

活字文化の振興に貢献

社会全体で「活字離れ」が進む今日。小説をはじめ、幅広い分野での執筆を通して文字・活字文化の振興に貢献

する池田先生には、出版界から感謝の声が寄せられてきた。

書店では、紀伊国屋書店をはじめ、有隣堂、三省堂などから「感謝状」が贈られている。

全国にある書店商業組合からも顕彰が相次ぐ。その第1号は2006年(平成18年)11月、福岡の組合から贈

られた。また、「出版文化発祥の地」といわれる京都府書店商業組合から「文字・活字文化に対する貢献賞」が授

与(08年8月)。賞状には、「永年にわたる執筆活動は、出版文化に携わる私たちの模範であります」と記され

ている。

 

命懸けの執筆

1980年(昭和55年)5月3日。池田先生は関西の地で、小説『人間革命』第4巻の原稿の綴りに、こう揮

毫した。

「『人間革命』の此の原稿は/わが師 戸田城聖先生の真実の /広布への大ロマンにして/弟子 池田大作が/

確かに書き留めしもの也/一切の批難と謀略の言を/信ずること勿れ/わが門下に深く留む」

当時、師弟の絆を分断しようとする謀略の嵐が吹き荒れ、『人間革命』の連載は休載していた。この一文を記した

2カ月後、先生は優れぬ体調を押して、再び執筆を始めた。

命を懸けてでも、書き残さねばならない歴史がある――。第5巻の原稿の綴りには、こう記している。「信心の神

髄/学会精神の魂/此に存する也」

 

日本一の連載回数

8日に完結した池田先生の小説『新・人間革命』。連載回数は、6469回となった。小説『人間革命』の15

09回を加えると、7978回。これは、日本の新聞小説史上、最多の連載回数である。

以前、日本一とされたのは、小説『徳川家康』(4725回〈余話も含む〉)である。執筆者は、作家の山岡荘八

氏。先生には、この山岡氏との忘れ得ぬ交流がある。

それは、69年前の1949年(昭和24年)にさかのぼる。21歳の池田先生が、恩師・戸田城聖先生の経営す

る出版社で、少年雑誌の編集長として活躍していた時のこと。

先生は、雑誌の改題に伴う内容刷新の目玉として、山岡氏に連載小説の執筆を依頼した。

氏は多忙を極めていたが、編集長である先生の熱意に打たれ、「あらん限りの知恵を絞って書きますよ!」と快諾。

「紅顔三剣士」という小説をつづったのである。

氏は翌50年(同25年)春、他紙で『徳川家康』の連載を開始。その一方で、先生との縁を大切にし、62年(

同37年)8月から2年4カ月にわたり。小説『高杉晋作』を聖教新聞で執筆した。

64年(同39年)12月8日付で『高杉晋作』は完結。その直後の65年(同40年)新年号から、『人間革命』

の連載が開始されたのである。

 

希望送るラジオ朗読

 小説『人間革命』『新・人間革命』は朗読ラジオ番組となり、希望と励ましの声を届けてきた。

『人間革命』は、1969年(昭和44年)2月から1年半と86年(同61年)10月から4年半の2回、いず

れも文化放送をキー局に放送された。

一方、『新・人間革命』の放送は、2003年(平成15年)4月から15年(同27年)3月まで、3123回

にわたった。

『新・人間革命』について、朗読に携わった声優たちは、次のような声を寄せた。

「人を励ましたい、幸せにしたいという『心』が脈打っています」(小野田英一さん)

「朗読を担当し、本当に多くのことを学び、それが心の財産になってきました」(沢田敏子さん)

『新・人間革命』の番組終了時、文化放送から池田先生に、ラジオ文化への貢献をたたえ、「顕彰盾」が贈られて

いる。

 

海外13言語で出版

世界の諸言語に翻訳された池田先生の海外出版作品は、今や1800点を超える。

小説『人間革命』の海外出版第1号は、英語版第1巻(1972年〈昭和47年〉発刊)である。

序文を寄せたのは、20世紀最大の歴史家アーノルド・J・トインビー博士。先生の海外出版を「世界中の同時代

の人々に資する仕事をした」と高く評価した。

さらに、その意義を「戦後の創価学会の興隆は、単に創価学会が創立された国だけの関心事ではない。池田氏のこ

の著作が、フランス語や英語に翻訳されている事実が示すように、創価学会は既に世界的出来事である」と記した。

小説『新・人間革命』は95年(平成7年)、初の外国語版となる第1巻の英語版が発刊された。以来、スペイン

語、中国語、韓国語、インドネシア語、イタリア語など、海外13言語、23カ国・地域で出版されている。

 

ペンネームの由来

小説執筆に当たり、池田先生が選んだペンネームは「法悟空」。かつて戸田先生が「妙悟空」のペンネームで小

説『人間革命』を執筆したことを通して、先生は語った。

「仏法では、妙は仏界、法は九界。妙は本源、法は現象。妙は法性(悟り)、法は無明(迷い)。その原理からい

えば、当然、妙は師、法は弟子となる。私の師は、戸田城聖である。ゆえに弟子の私が、法悟空と命名」

また、小説の主人公の名は、かつて先生が戸田先生の出版社で働いていた頃、自ら原稿を書く際、少年時代に愛読

した作家たちの名前をヒントに、「山本伸一郎」のペンネームを使ったことに由来する。

そのペンネームを見た戸田先生は、ほほ笑みながら言った。「なかなかいいじゃないか。山に一本の大樹が、一直

線に伸びてゆく」

そこから”郎”を取った「山本伸一」が、池田先生の小説『人間革命』の主人公の名前になった。

 

世界各地に記念碑

「平和ほど、尊きものはない。平和ほど、幸福なものはない。平和こそ、人類の進むべき、根本の第一歩であら

ねばならない」――この小説『新・人間革命』第1巻の冒頭の一節を刻んだ記念碑が、世界各地に建立されている。

北海道・厚田の「あいろーどパーク」には、「平和への誓い」の碑がある。地元の建立委員会が設置したものだ。

碑の由来には、戸田先生の「原水爆禁止宣言」の精神を世界に宣揚する池田先生の行動がたたえられている。

また、SGI発足の舞台となったアメリカのグアムの公園には、「SGI発足記念碑」がある。公園を有する市の

決定によって設置された碑には、小説『人間革命』の言葉なども記されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください