• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈平和と希望の城 創価文化センター 特別展示から〉13=完

2018831

 

   池田先生が青年時代に使用した蓄音機と同時代のもの

 

 肺病との闘い、恩師・戸田先生の事業を再建するための孤軍奮闘の日々

――。

当時住んでいた東京・大田区のアパートで、若き日の池田先生の心を鼓舞

したのは、蓄音機から流れるベートーベンだった。交響曲第5番「運命」、

第9番の「歓喜の歌」……。

池田先生はかつて、その頃の思い出をつづった。

「レコードがすりきれるほど聴いた。手回しの蓄音機だった」「時を超え

て、楽聖のいのちのリズムが、まっすぐに青春の胸を振動させた。貧しい

アパートの一室が、その時、燦爛たる芸術の王宮に変わった」

今や世界192カ国・地域に広がった人間主義の大潮流。その源流は、

“師に応えん”との弟子の激闘に次ぐ激闘であった。

さあ、最高峰の哲理と広布の師匠を持つ誇りを胸に、誓願の「11・18」へ!

 

9月休館日のお知らせ

総本部の創価文化センター(東京・新宿区)の9月の休館日は、3日(月)、11日(火)、18日(火)、25

日(火)、30日(日)です。

※9月2日(日)まで、4階の正義会館で企画展示「青藍〈SEIRAN〉――未来を創る師弟」を開催します。

※なお、開館日の開館時間は午前10時~午後5時(同4時半に受け付け終了)。

ご来館の際は、創価文化センター南口(JR信濃町駅・信濃平和会館側)をご利用ください。

※天候等により、開館時間などを変更する場合があります。

詳しくは、総本部のホームページ(www.sokanet.jp/pr/sohonbu/)をご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください