• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

社会で勝ち「師弟の誉れ」示す

2018817

 

 『まことの・みちは世間の事法にて候、金光明経には「若し深く世法を識らば

  即ち是れ仏法なり」ととかれ

(白米一俵御書、1597ページ)

 

(通解)

 成仏へのまことの道は世間の事法にある。金光明経には「もし深く世法を知るなら

ば、世法はすなわち仏法である」と説かれる。

 

 現実生活の中にこそ成仏への真実の道があるとの仰せです。

 1960年(昭和35年)、私が小学1年の時、関節リウマチの発症を機に、回復

を願った母と共に入会。その後、医師も驚く回復ぶりに、初信の功徳を実感しました。

 68年、第1回高等部総会での「未来に羽ばたく使命を自覚するとき、才能の芽は、

急速に伸びることができる」との池田先生の指導に感銘を受けたことが、信心の原点

です。

 34歳の時、仕事に追われ、思うように学会活動に励めず、悩む日々でした。

 先輩からの激励もあり、転職を勝ち取るべく題目を唱える中、楽器店に就職。“職

場でなくてはならない人に”“信心は一人前、仕事は三人前”との学会指導を胸に奮闘

してきました。今では、社長は学会の理解者になり、私の活動を応援してくれていま

す。

 「師弟の誉れ江東家族! 今再び栄光の勝ち鬨を!!」とのスローガンの下、同志

と共に広宣流布大誓堂完成5周年の「11・18」に向け、前進してまいります。

 

東京・江東総区副総区長 木村敏雄

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください