• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈御書と歩むⅡ――池田先生が贈る指針〉31

2018817

 

 『設い一字一句なりと雖も此の経を信ずる者は宿縁多幸なり

(守護国家論、71ページ)

 

(通解)

 たとえ一字一句であっても、この経を信じる者は過去世からの因縁があり、多幸な

のである。

 

同志への指針

 若くして大仏法に巡りあうほどの「宿縁多幸」はない。

 恩師は「御書の一字一句にも大聖人の大慈悲が込められている」と言われた。御書

を開けば、赫々たる生命の太陽が昇り始める。

 教学で人格の芯を固めることだ。心肝に染めた御聖訓が自他共の幸福を築き、偉大

な使命を果たし抜く力となる。

 行学錬磨の青春のスクラムで、人類を照らしゆけ!

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください