• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

ジョージア国立民族合唱舞踊団の公演が10~11月に開催

2018年8月9日

 

   民音創立55周年を記念して20都市で

 

 

        ジョージア国立民族合唱舞踊団「ルスタビ」。

          感情を全身で表現する

            パフォーマンスに注目が集まる

 

 

民主音楽協会(民音)主催の「ジョージア国立民族合唱舞踊団『ルスタビ』」の日本公演が、10月から11月に

かけて、20都市で行われる。

民音創立55周年、同合唱舞踊団の設立50周年を記念するもの。

ジョージア(旧グルジア)は、黒海とカスピ海に挟まれた自然豊かなコーカサス地方に位置。アジアとヨーロッパ

の“民族の十字路”と呼ばれる地域で栄えてきた文化や伝統は、多くの人を引きつける魅力にあふれる。

今回来日する「ルスタビ」は、50年の歴史をもつ、ジョージアが誇る合唱舞踊団。

これまで、80カ国以上で5000回ものコンサートを行い、レベルの高いパフォーマンスに、大きな喝采が送ら

れてきた。

特筆すべきはジョージアの伝統音楽「ポリフォニー(多声音楽)」。主旋律や伴奏を担当するメンバーが、即興を

交えながら合唱するもので、紀元前1世紀ごろには歌われていたとされる。2001年には、国連教育科学文化機

関(ユネスコ)の無形文化遺産にも登録されている。

一人一人の個性を尊重しつつも、一つのハーモニーをつくり出すステージは、“音楽の魅力”を再発見するものとな

ろう。

さらに、男性団員が武器を手に決闘する様子を表した迫力のダンスや、女性団員の神秘的な舞も評価が高い。

今秋に迎える民音創立55周年の節目を彩る、圧巻の合唱・舞踊に期待が高まる。

問い合わせは、各地の民音センターまで。

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください