• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈池田先生と共に 新時代を進む〉30

2018年6月25日

   人間革命の勇気の舞を

 

 大阪北部の地震から1週間。不自由な生活を余儀なくされて

いる方々に心よりお見舞いを申し上げたい。

世界の希望の錦州城なればこそ、「わざはひも転じて」(御書

1124ページ)との御聖訓のままに「変毒為薬」の勇気の行

進を、どうか、お願いします。

 ― ◇ ―

あの大阪の戦いで、同志と命に刻んだ御金言がある。

「一念に億劫の辛労を尽せば本来無作の三身念念に起るなり」

(同790ページ)

広布と人生の途上に辛労は絶えない。現実は常に悪戦苦闘の連続である。

しかし、臆さず、嘆かず、題目を唱え抜いて、自行化他にわたる実践に励んでいくならば、本来わが身に具わる仏

の生命が、必ず瞬間瞬間に現れてくるのだ。

 ― ◇ ― 

日蓮大聖人は、流罪の佐渡まで駆け付けてきた健気な母を讃えられた。

「あなたの信心がどれほど素晴らしいか。私が佐渡に流されたことで、あなたのその素晴らしい信心が現れた」

(同1222ページ、趣意)

いざという時に、まことの信心が発揮される。

大阪事件の渦中、戸田先生は私に言われた。

「関西の同志は、大作と一緒に難に立ち向かった。何ものも恐れずに大悪と戦った。これで関西は、ますます強く

なるぞ」

そして関西同志の、福運に満ち満ちた、大境涯への飛躍を断言くださったのだ。

この「負けたらあかん」の関西魂は、常勝の母たちから新時代の若人へも、脈々と受け継がれている。これほど頼

もしいことはない。

― ◇ ―

真心の祈りに包まれて、小説『新・人間革命』第30巻(上巻)を上梓することができた。出版・書店などの関係

者の方々にも、心からの感謝を捧げたい。

小説『人間革命』『新・人間革命』の主題は、「一人の人間における偉大な人間革命は、やがて一国の宿命の転換

をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする」である。

立ちはだかる苦難は、全て自らを人間革命させてくれる試練だ。一つ一つ勇敢に勝ち越えていく中で、家族・地域・

社会の宿命転換も成し遂げていけるのだ。

そして、その勇気の舞が、未来の友の希望となる。人間革命の限りなき大道を、いざや前進、恐れなく!

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください