• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

本部幹部会で紹介された池田先生の指針

2018613

   「黄金の日々」を勝ち取れ!

   広布は「一人」から始まる

   永遠に輝く「今生人界の思出」を

   学会は「日蓮と同意」の団体

   究極の幸福の軌道を邁進

 

          創価の厳父・牧口先生の座像を

            見つめる池田先生ご夫妻

              (2007年7月、東京牧口記念会館で)

 

「世界広布新時代第35回本部幹部会」(2日、千葉の船橋池田講堂)の

席上、1997年1月の本部幹部会での池田先生のスピーチ映像が上映さ

れた。行学の二道に励む友への指針として掲載する。

 

一、思えば牧口先生は、昇りゆく旭日のような勢いで、「価値創造」の青

 春を生き抜かれた。そして真っ赤な太陽が黄金の光を放ちゆくように、

 荘厳な人生の総仕上げを飾られた。

 素晴らしき夕日は、素晴らしき明日を約束する。西空を黄金に染めて沈む夕日は、明日の晴天を約束する。同じ

 ように今世の偉大なる安祥の「死」は、「永遠の幸福」を約束する。

 悔いなく広宣流布に生ききった一生は、三世永遠に仏界の大境涯へと輝きわたっていく。

 ゆえに「一生成仏」の大道を進め! 今世を広宣流布に生き抜け! そう日蓮大聖人は、厳しく教えられている

 のである。

 

「毅然たる信心」で

一、戸田先生は、大確信をもって語られた。

 「大聖人のおことばを信じて、この(法華経の)鏡に照らしてみるならば、(牧口)先生は法華経流布の国のな

 かの、もっとも徳清らかな王家に、王子として再誕せらるべきこと、堅く信じられるべきで、先生の死後の幸福

 は、吾人(=私)に何千、何万倍のことか、ただただ、おしあわせをことほぐ(=祝福する)ばかりである」と。

 生命が存在する天体にしても、この地球だけではない。数多く存在するとされる。そこには、多くの「法華経流

 布の国」があると考えられる。

 ゆえに戸田先生は、御書に照らし、法華経に照らして明言された。

 ――牧口先生は素晴らしき「法華経流布の国」の、素晴らしき王家に、王子としてお生まれになられることだろ

 う。それほど牧口先生の幸福は計り知れない。われわれの何千何万倍である、と。

 
一、牧口先生、戸田先生に連なる学会員も、この一生を広宣流布に生ききったとき、皆、こうした永遠の勝利と栄

 光に包まれゆくことは、絶対に間違いない。ゆえに、負けてはならない。何があろうと「毅然たる信心」を貫く

 ことである。

 御書に「一切衆生・南無妙法蓮華経と唱うるより外の遊楽なきなり」(1143ページ)とある。

 また、「南無妙法蓮華経と我も唱へ他をも勧んのみこそ今生人界の思出なるべき」(467ページ)と。

 はかない、夢のような一生である。「一生はゆめの上・明日をごせず」(1163ページ)である。明日がどう

 なるかさえ、だれもわからない。いわんや永遠はわからない。

 いかなる富も地位も名声も、はかなき夢のごときものである。死後に持って行けるわけでもない。そのなかで、

 私どもは永遠の妙法を唱え、弘め、広宣流布に命を燃焼させている。これ以上の崇高な生き方はない。学会活動

 にこそ、人生の無上道がある。

 

太陽はわが胸中に

一、また、大宇宙の一切は、「南無妙法蓮華経」の力用である。その「南無妙法蓮華経」という根本の法は、私ど

 もの胸中にある。何と素晴らしいことか。

 太陽は今日も昇る。私どもも、題目を今日も唱え、胸中に太陽を昇らせていく。ひとたび太陽が昇れば、すべて

 が照らされていく。

 わが「生命の太陽」を赫々と燃やしながら、今日も祈っていこう、戦っていこう、生き抜いていこう、人生の福

 運をつくっていこう。ここに究極の幸福の軌道がある。

 どうか、「黄金の一日一日」を信心で勝ち取っていただきたい。この現実の「娑婆世界」「忍耐の世界」で、晴

 れ晴れと勝っていただきたい。

 

一、牧口先生は、千葉で立宗された大聖人の御姿を通して、学会員を励まされた。1939年(昭和14年)、折

 伏のために九州に足を運ばれたときのことである。

 当時は、列車の長旅である。今のように飛行機はない。高齢(67歳)のお体には、相当こたえたはずである。

 しかし、先生は、法のためならば、いかなる労もいとわれなかった。

 その折、初対面のある婦人も、牧口先生の青年のようなすがすがしい音声、絶対の確信、誠実と慈愛の姿に感動

 して入会を決意する。

 声が大事である。確信が大事である。姿が大事である。すべて諸法実相である。

 牧口先生は、その発心した婦人に、こう語りかけ、心にクサビを打ち込まれた。

 「あなたが御本尊をいただくということは、仏法の原理に照らして、九州の全民衆が不幸という悩みから救われ

 ることになるのです!」

 「一人立て!」である。どの地でも、広宣流布は常に「一人」から始まる。

 

妙法の種は必ず花開く

一、牧口先生は、その時、「諸法実相抄」の一節を拝された。

 「日蓮一人はじめは南無妙法蓮華経と唱へしが、二人・三人・百人と次第に唱へつたふるなり、未来も又しかる

 べし」(1360ページ)

 そして先生は、しみじみと語られたのである。

 「大聖人も千葉の嵩が森で第一声を放たれたときは、お一人でした。今、あなたが九州で一人、この最高の御本

 尊に向かって南無妙法蓮華経と唱えるということは、地涌の義によって、九州にも必ず、二人、三人、百人と御

 本尊を持つ人があらわれるということなのです」

 この言葉の通り、牧口先生が自ら蒔かれた妙法の種は、見事に花開いている。

 

一、大聖人は、「日蓮と同意ならば地涌の菩薩たらんか」(同ページ)と仰せである。

 ただ「拝んでいる」だけでは、「日蓮と同意」にはならない。折伏をやろう! 広宣流布をやろう!――この心

 の炎が燃えている人が「日蓮と同意」なのである。その意味で、まさしく「日蓮と同意」で戦い抜かれた象徴が

 牧口先生である。

 「日蓮と同意」の団体は、現在も、未来においても、断じて創価学会しかない、と申し上げておきたい。

 本当に「日蓮と同意」の心をもった、本当の「学会の同志」で一緒に邁進しましょう!

 どうか、健康第一で、朗らかに、何ものをも乗り越えて、一日一日、福運を積んでいっていただきたい。

 私も、皆さまの健康、長寿、幸福、裕福を祈り続けたいと思っている。

 本日、お会いできなかった方にも、くれぐれもよろしくお伝えいただきたい。

 長時間、ありがとう!

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.