• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

題目の師子吼で苦難に勝利

2018年3月5日

 

南無妙法蓮華経は師子吼の如し・いかなる病さはりをなすべきや、鬼子母神・

 十羅刹女・法華経の題目を持つものを守護すべしと見えたり

(経王殿御返事、1124ページ)

 

(通解)

南無妙法蓮華経は師子吼のようなものである。どのような病が、障りをなすことができよ

うか。鬼子母神、十羅刹女は、法華経の題目を持つものを守護すると経文に見えている。

唱題によって、どんな病にも負けない境涯を築けるとの慈愛の励ましです。

1977年(昭和52年)、結婚を機に関西から東京・北区に。

3人目の子どもである長男には、障がいがありました。

その息子が4歳の夏、駅のホームで池田先生と一瞬の出会いが。歩けない息子を抱いて駆

け寄った私たちを、先生は温かく包むように励ましてくださいました。

その後も、息子がインフルエンザ脳症やてんかんを発症するなど、苦難は続きましたが、

この御文を拝し、題目の師子吼で乗り越えてきました。

息子は、今では歩けるようになり、福祉園に通いながら楽しく朗らかに過ごしています。

自身の経験から、“障がい者の皆さまの役に立ちたい”と思い、2年前に法人を設立し、

ショートステイ事業を営んでいます。

本年の新年勤行会で、次女が友人への弘教を成就。「世界青年部総会」に向け、報恩の

拡大で必ず師匠にお応えしてまいります。

 

東京・北総区副婦人部長 下田加代子

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.