• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

開催まであと1カ月 さあ!世界青年部総会へ

2018210

 

   「3・16」60周年の佳節を荘厳

   海外65カ国・地域から若人が集結 国内1200会館と各国にライブ中継

 

           師弟の魂の勝ち鬨を!

            世界青年部総会には

            海外65カ国・地域の

            地涌の若人が勇み集う

                 (昨年9月)

 

「3・16」60周年の佳節を荘厳する「世界青年部総会」が

3月11日、盛大に行われる。

全国・全世界の青年部は、いよいよ1カ月後に迫った総会を目指し、弘教拡大、人材育成、訪問激励に総力を挙げ

ている。

――1957年(昭和32年)12月、若き池田大作先生が先頭に立ち、恩師・戸田城聖先生の願業である75万

世帯の折伏が達成された。

その3カ月後の58年(同33年)3月16日。全国から6000人の若人が馳せ参じ、広宣流布の模擬試験とな

る式典が挙行された。

この時、戸田先生は「創価学会は、宗教界の王者である!」との大師子吼を放ち、池田先生を中心とした青年部に

後事の一切を託した。厳粛なる「3・16」の歴史である。

以来60星霜――。

師弟の炎のバトンを受け継いだ池田先生は真正の弟子として決然と一人立ち、世界広布の大遠征を開始した。

その師子奮迅の闘争で呼び出された地涌の陣列は今、192カ国・地域へと広がった。

世界青年部総会には日本の青年部・未来部の代表と共に、海外65カ国・地域から250人の青年リーダーが参加

予定。使命の勇者が一堂に会し、師の未聞の大偉業を宣揚するとともに、後継の宣言を堂々と打ち立てる。

また総会は、国内1200会館のほか海外の代表の国でライブ中継され、「全ての会場が師弟直結の本会場」との

意義が込められる。

そして総会の最後に各国の青年部と同時刻に勤行・唱題を行う。万年の広宣流布を誓う凜々しき大音声で、同志が

一つに結ばれる。

池田先生は総会の成功を心から願い、こう期待を寄せた。「物理的な距離を超えて結合した、世界同時の3・16

『師弟共戦の誓いの会座』となるに違いない。法華経に説かれた壮大な会座を仰ぐ思いで、私は青年たちの挑戦を

見つめている」と。

竹岡青年部長は固く誓う。

「全世界の青年門下の空前の大連帯で後継の宣言を打ち立て、人類史の新たな朝を勝ち開きます!」

 

 

 

 

 

 

 


コメント一覧

返信2018年2月25日 10:15 PM

鈴木 節世25/

同居している24歳の息子は、入会はしてますが未活動で、家に引きこもっています。何とか青年部総会に連れ出したいと願っていますが、近くに信頼出来る青年部もいなくて私が何とかしなければならず、悶々とした日々を過ごしてます。気持ちが負けそうです。

    返信2018年2月26日 5:26 PM

    kenちゃん24/

    鈴木 節世 さま コメントありがとうございます。 私の息子も、入会はしていますが未活動です。(法戦だけは協力してくれていますが・・・) 親として後継の青年部の育成は必要なことですね。祈るしかないと考えています。 STBで「3・16」関連の番組や青年部総会のプロモーション映像を一緒に視聴するとか 工夫していきたいと思います。 親が対話していくことも重要ですが、同世代の青年部の激励もしてもらいながら打開して いきましょう! 地区内に青年部がいなければ、支部内、本部内の男子部幹部に相談されたらいかがでしょうか? 共に頑張っていきましょう! 60年前の「3・16」ではその意義も知らないまま参加した青年が多かったと聞きます。 と同じように、今、世界青年部総会の意義が分からなくとも、後に、必ず参加してよかったと 思える日が来ると確信します。 どうしても、当日参加ができなかっても、その意義を後継に伝えていくことは重要ですね。

返信2018年3月3日 1:53 AM

青山23/

私は、長居での文化祭を高等部で出させて頂きました。その時は無我夢中で終わったという感じでしたが、今になって歴史に残る1ページに参加させてもらった事に誇りに思います。 今回の青年総会もわからないまま参加される方もいらっしゃると思いますが、後であの時の総会が、と歴史的な瞬間に参加したという思いを一人でも多くの方に感じてほしいです

    返信2018年3月3日 6:43 AM

    kenちゃん23/

    青山さん コメントありがとうございます。 学会の佳節の中で「3・16」は、「5.3」と「11・18」に並んで重要な意義のある佳節 ですね。 今回の青年部総会も学会にとっては、大変意義のある総会だと思います。 私も今、青年部だったら良かったのにと、つい思ってしまいます。 後継の青年の結集に頑張ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください