• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

2000年12月14日

2018年1月19日

  関西代表幹部会

  関西女性総会

 

2月の本部幹部会が「関西総会」の意義を込めて開催される。常に広布拡大の先陣を切っ

きた常勝関西の本部幹部会の歴史をひもとき、いよいよの前進を約し合いたい。

 

「広宣流布は関西が先頭に立ってこそ、全国、全世界に波動が広がる。21世紀も関西が突

破口を!」――新世紀の開幕を目前に控えた2000年(平成12年)12月。アジア訪問

を終えた池田先生は、257回目の関西指導をスタートした。

20世紀最後の本部幹部会は12月14日。関西代表幹部会、関西女性総会として、関西戸

田記念講堂で行われた。

「大関西ありて広布あり」。先生の指針の通り、関西はこの年の9月から11月、約2万7

000世帯の弘教を達成。爆発的な勢いのなかで師匠を迎えた。

「私は関西に期待する! 関西を信ずる!」。先生の呼びかけに、”21世紀も断固、勝ち続

けます!”との誓いの拍手は鳴りやまなかった。

幹部会は全国初の「女性総会」の意義も。”「女性の世紀」の模範に”との激励は、婦人部・女

子部の希望となり、後にこの日は「関西女性の日」の淵源となった。

そして幹部会の最後は「常勝の空」。先生は歌詞を手に、決意を込めて合唱する友を見つめる。

同じ会場で、師弟で歌った「常勝の空」に思いをはせる友もいた。それは1978年(昭和

53年)7月17日。「常勝の空」が発表された集いであった。

池田先生が「私が戸田先生にお聞かせしたかった、第一の歌である」と語った関西の歌――

きょうもどこかで誓願の歌声は響いている。

2月の幹部会は目前。広布拡大の勝ち鬨と共に、関西中で師弟第一の凱歌を轟かせていこう!

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください